幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

子どもの英会話教室でネィティブに話せますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの英会話教室でネィティブに話せますか?

1:英会話教室、何歳から通わせる?

多くの子ども英会話教室の案内を見ていると、3歳~キッズコースを紹介しているようです。

0~3歳未満でも英語を習わせているご家庭もいるでしょう。

スポンサーリンク

胎教音楽で英語の音楽を聞かせているという妊婦さんの話も聞きます。

しかし、多くの英会話教室で3歳以上の年齢にこだわるのには理由があります。

3歳児は学習能力が高く、どんどん言葉が増えてくる時期です。

簡単な質問に答えられるようになり、基本的な会話が続く、挨拶が出来るようになります。

また時系列の感覚も理解できるようになるので、絵本を見ても話を理解出来るようになります。

勿論、個人差がありますが一般的にそのような年齢です。

2:異なる特性を知って焦ら

「3歳児だけど話さない、質問を理解しているように思えない。」と、悩む必要はありません。

子どもは異なる資質や特性があるので、その成長に個人差があるのは当たり前です。

この様な場合は、子どもの成長に応じて英会話教室へ通わせる時期をもう少し先に延ばしても問題はないでしょう。

英語にしろ、その他の教育にしろ、本人に理解出来る能力が身につき「何故、何」の疑問が生まれるような知能発達の段階になってから考えることが望ましいでしょう。

3:年齢ごとの発達を知って焦らずに

英会話教室では歌やダンス、ゲームなど様々なジャンルで子どもの知的好奇心を引き出す授業を行っています。

上手く出来れば褒めてあげる。

英会話が楽しくなる、もっと知りたいと思う意欲を養うために、「発達」が重要な問題になるので、年齢に応じた発達と自分の子どもの発達の特徴を知って、通わせることが一番望ましいでしょう。

子どもの発達が多少遅れても、脳神経の発達はその遅れをすぐに取り戻してくれます。

焦らずに、子どもの成長を見守りましょう。

柔らかい頭にドンドン吸収され、英語力がアップしてくることでしょう。

ただ、英会話教室に通わせてもレッスン時間以外の英語に触れることも大切です。

家庭で力を伸ばせる環境を作ってあげましょう。

お父さん・お母さんの努力も必要になってきます。

関連記事

子供英会話教室 ペッピーキッズクラブ【幼児・子供の英語教室】

おすすめ記事

  1. 楽しく学ぶ子ども英会話
  2. コミュニケーションと幼児教育
  3. 自然と触れる幼児教育
  4. 愛情と幼児教育の関係
  5. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由
  6. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  7. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども
  8. ピラミッドメソッド
  9. お絵描き
  10. お風呂で幼児教育
  11. ひらがな学習法
  12. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響