幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

幼児教育に大切な環境とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
幼児教育に大切な環境とは

気持ち良く幼児教育を進めていくためには、環境作りも重要になります。

そのためには、大人の行動や静かで安心できる空間を積極的に作っていかなければいけません。

スポンサーリンク

大人の行動というのは、子どもの前で見せる大人の行動です。

幼児期は特に、目の前で起こっていることをすべて受け入れて模倣、吸収していきます。

ですから、大人は常に子どもに見られているという意識を持ち、行動することが大切です。

教育とは少しズレますが、両親がいつも仲良く笑顔が多い家庭であれば、子どもは自然と笑顔が増えます。

怒っていることが多いと、子どもは笑わなくなります。

少しでも子どもの教育に役立たせるためには、子どもに学ばせるだけでなく、親自身も行動を意識するようにしましょう。

静かで安心できる空間とは?

静かで安心できる空間とは、『大きな音を立てない』『大声を出さない』などが挙げられます。

大きな音や声は、子どもが興奮し心が不安定になります。

先ほど述べた夫婦喧嘩もそうですが、幼児教育を少しでもスムーズに進めていくためには、こういった静かな空間を作ることも大切です。

ちなみに、子どもが安らぐ色の衣類を身につけるのも良いといわれています。

幼児期の子どもが安心する色は、『淡いピンク色』です。

部屋のインテリアに取り入れても良いですし、エプロンや服を淡いピンク色にすると、子どもは安心してその空間で過ごすことができるようになります。

幼児教育は、こういった空間で進めていくことが大事だといわれています。

落ち着く静かな環境で、楽しみながら教育することで、集中力や記憶力が高まりどんどん吸収していくでしょう。

何かを学ばせる前に、一度自身の家の空間が落ち着く空間なのか考えてみてはいかがでしょうか?

教育に適した空間作りができれば、きっと子どもも安心していろんなことを学べるはずです。

関連記事

子供英会話教室 ペッピーキッズクラブ【幼児・子供の英語教室】

おすすめ記事

  1. 楽しく学ぶ子ども英会話
  2. コミュニケーションと幼児教育
  3. 自然と触れる幼児教育
  4. 愛情と幼児教育の関係
  5. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由
  6. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  7. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども
  8. ピラミッドメソッド
  9. お絵描き
  10. お風呂で幼児教育
  11. ひらがな学習法
  12. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響