幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響を与える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響

子どもは、何も一人とは限りません。

なかには、兄や姉、弟や妹がいる子もいるでしょう。

スポンサーリンク

このように、兄弟や姉妹がいる家庭は、教育方法も注意が必要です。

というのも、兄弟・姉妹で多いのが『比較』です。

『姉だからきちんとしなさい』『兄と同じことはしてはいけません』など、兄弟・姉妹ができたから『あなたもできるでしょ』『一番上だから我慢しなさい』といった偏った教育は、子どもに良い影響を与えません。

どうしても偏って育ててしまいがちですが、ここはグッと堪えて兄弟・姉妹平等に育てるようにしましょう。

子どもを平等に育てる最も簡単な方法

とはいえ、上の子や下の子と平等に育てるのって難しいですよね。

でも、ちょっとしたことに気をつけるだけで、意外と簡単にクリアできるんですよ。

その方法とは、『何かするときに兄弟・姉妹の名前を出さない』ことです。

習慣でつい出しがちですが、『お兄ちゃんができたのだからあなたもできるよね?』『妹はいうことが聞けるのに』など、注意をするときに兄弟・姉妹の名前を出してしまうと、子どもは比べられていると不満になります。

不満になった子どもは、愛情の偏りを感じ歪んだ感情を持ってしまう恐れがあります。

もちろん皆が皆ではありませんが、他人の子どもと自分の子供を比較してはいけないのと同じで、たとえ兄弟・姉妹でもそれは避けなければいけません。

家庭環境は、子どもの成長に大きく影響します。

抑えつけられて育ってしまうと、何をするにも自信が持てず勇気が出なくなってしまうかもしれません。

何もかも平等に接するのは難しいかもしれませんが、極端な差別や比較はしないようにしましょう。

幼少期にできなくても、小学校に入学してから心がけても遅くありません。

子どもたちが大きくなる前に、兄弟・姉妹の接し方を工夫してみてくださいね。

関連記事

子供英会話教室 ペッピーキッズクラブ【幼児・子供の英語教室】

おすすめ記事

  1. 楽しく学ぶ子ども英会話
  2. コミュニケーションと幼児教育
  3. 自然と触れる幼児教育
  4. 愛情と幼児教育の関係
  5. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由
  6. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  7. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども
  8. ピラミッドメソッド
  9. お絵描き
  10. お風呂で幼児教育
  11. ひらがな学習法
  12. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響