幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

幼児の成長に見合った幼児教育をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成長に見合った幼児教育

幼児教育で気をつけたいのは、子どもの発達に不釣合いな方法で進めていくことです。

どうしても、親は早く子どもを成長させたい、いろんなことを学ばせたいと子どもの発達を無視して幼児教育をしがちです。

スポンサーリンク

もちろんなかには子どもの発達をきちんと考えて教育をする家庭もあるので、一概に決めつけることはできませんが、『三つ子の魂百まで』という言葉があるように、早くに教育することで子どもにメリットがあると考える人は少なくないといわれています。

しかし、幼児教育で重要なことは、発達を無視してどんどん教育させることではなく、子どもの発達に合わせた教育がもっとも効果的だといわれています。

子どもは、年齢や性格によって覚える速度に個人差があります。

これは子どもに限ったことではなく、人間であれば誰しも個性を持って産まれてきます。

そのため、教えたことをすぐに覚える子もいれば、そうでない子もいます。

これは決して、おかしいことではないのです。

ストレスで学ぶことを拒むようになりかねない

むしろ、それを無視して教育をしようとするほうが、子どもはストレスになり学ぶことを拒むようになってしまう恐れがあります。

ですから、幼児教育を考えている方は、『子どもの発達に見合った教育』を意識するようにしましょう。

たとえば、0歳児の場合。産まれて数か月しか経っていない子どもは、言葉でものを伝えることができません。

目で見て耳で聞いたこで判断し、表情や体で伝えていきます。

喜んでいれば笑顔になりますし、嫌がっていれば泣きます。

そんな子どもに、当然無理な教育はできません。

この時期は、『どちらが好き?』という二者択一や、さまざまな自然に触れさせることが大切です。

また、家の時計をアナログに統一するのも効果的です。

1歳児、2歳児はまた違った方法で教育をしていきます。

このように、子どもの発達に合わせて幼児教育をすることで、子どもは自然を学ぶことを進んで行うようになるでしょう。

関連記事

子供英会話教室 ペッピーキッズクラブ【幼児・子供の英語教室】

おすすめ記事

  1. 楽しく学ぶ子ども英会話
  2. コミュニケーションと幼児教育
  3. 自然と触れる幼児教育
  4. 愛情と幼児教育の関係
  5. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由
  6. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  7. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども
  8. ピラミッドメソッド
  9. お絵描き
  10. お風呂で幼児教育
  11. ひらがな学習法
  12. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響