専門医で使用される治療薬について

専門医で使用される治療薬について

最近では、AGA治療の専門医がある事も認知され始めています。

 

病院でのAGA治療を検討される方は、治療費について心配される方も多いです。

 

また薄毛の悩みを持つ方は、治療費の負担を考え専門医診療をためらう方も多いと言われています。

 

AGAは進行性なので早めの対策を

しかし、AGAは放置していると進行する脱毛です。

 

また、間違った自己流の対策や予防を続ける事で進行してしまう場合もあります。

 

悩んでおられる方は、まず専門医で薄毛の原因を知る事から始めても良いでしょう。

 

AGA治療は保険対象外となりますので、全額自己負担での治療となります。

 

個人の脱毛症状の原因によっても、治療や薬の値段に違いがあります。

 

しかし、早期に治療を開始する事によって、結果的に薄毛が改善され治療が必要なくなる方も多いです。

AGA治療薬フィナステリド

AGA治療薬として、飲む育毛剤のフィナステリドが販売されています。

 

一般の方の認知度も高くなっており、AGA対策として注目されています。

 

AGA治療薬フィナステリドは、初めて厚生労働省に認可された国内唯一のAGA治療薬となります。

 

しかし、世界60カ国以上で以前から認可され、高い効果が報告されています。

 

フィナステリドの効果については、使用者の9割以上が抜け毛の抑制や改善を感じていると言われています。

 

フィナステリドは保険対象外の薬となっており、1錠の料金が約250円と言われています。

 

治療にあたって1日1錠服用する必要があり、月に約7,500円程度の負担があります。

 

また、負担費用は病院や調剤薬局によっても違いがありますので、それぞれの病院によってかかる費用にも違いがあります。

プロペシア・ミノキシジル

進行性であるAGAの治療薬として、AGAの進行を抑える効果を持つプロペシアが処方される場合もあります。

 

ミノキシジルは、末梢血管の拡張を促し育毛を促進させる塗り薬です。

 

また現在では、ミノキシジルに細胞分裂を活性化させる働きがある事も判明しています。

 

医療機関では、それぞれの症状に合わせて薬が処方されています。

 

できるだけ抜け毛の進行を遅らせるだけの治療は避け、専門医で発毛効果がある薬の処方や治療をしてもらいましょう。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top