AGA専門医での治療方法・治療薬について

AGAの症状で多いのは、徐々に額が後退してきたり、頭頂部が薄くなってきたり、その両方で薄毛になったりする症状です。このような脱毛症状は、20代から始まり30代なかばまでに約4割の男女に現れるとされています。

AGAの症状が現れる年齢や症状の進行具合は個人差があり、10代でAGAになる方もいます。

目次

個人に合わせた治療をおこなう事が大事

AGAの大きな原因は、遺伝と男性ホルモンであると言われています。

しかし、早期発見する事で進行を防ぎ、育毛効果を高める事ができます。治療の効果は人によってさまざま違いがあり、個人に合わせた治療をおこなう事が大事です。

AGAに悩まれている方は、自分で対策や予防をするか、専門医で治療をおこなうかを悩んでいる方もおられますが、AGAは放置していると確実に進行するので、なんらかの対策をする必要があります。

安心して相談できる専門医を探しましょう

最近はAGA治療薬や治療法が確立され、医療機関でも適切な治療を受ける事ができます。

しかし、個人の症状や原因に合わせて、総合的に治療できる専門医院はまだ少ないのが現状です。

まずは、AGA治療を開始する前に安心して相談できる専門医を探す事から開始しましょう。

ご自身では、生活習慣や食生活の見直しをおこなっていきます。

専門医での治療の流れ

AGAの原因の多くは、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されて生成されるジヒドロテストステロンの働きに関係していると言われています。

AGA治療薬は、このテストステロンを変換する酵素の5αリダクターゼの働きを抑える効果をします。

すると、AGAの原因とされているジヒドロテストステロンが作られるのを抑える事につながります。

カウンセリング

専門医の治療は、まず薄毛や抜け毛の原因を検査やカウンセリングで探っていきます。

原因に合わせて、薬を処方し生活習慣の改善を指導します。治療薬は、主に服用する治療薬が使用されています。

AGAの主な原因と言われているのは、男性ホルモンのテストステロンの影響です。

またその他の原因として、加齢やストレス、食事、喫煙なども関係しているとされています。

初回診察

初回診察では、問診や血液検査などをおこないます。

その結果から、処方や今後の治療方針が決定されます。

定期健診

その後は、定期健診で処方や検査を繰り返しおこなっていきます。

治療結果は個人によっても違いがありますが、1年以内に脱毛が改善されている方が多いです。

まずは、ご自身の脱毛原因を探り、しっかりと対策していきましょう。

また、安心して任せる事ができる医療機関を探す事も大切です。

単剤処方治療と発毛治療

AGA治療には、単剤処方治療と発毛治療があります。

単剤処方治療では、脱毛の進行の抑制を目的とした治療や処方がおこなわれます。

この治療で処方されるのは、脱毛の進行を抑える作用があるプロペシアやフィナステリドなどです。

発毛治療では、個人の症状に合わせた薬の処方や治療で発毛を促進していきます。

また、治療経過によっては治療法の変更をする事も可能です。

それぞれの方に合った薬の処方や生活習慣改善指導を行う

専門医院では、薄毛や抜け毛の原因をさまざまな要因から考察し、それぞれの方に合った薬の処方や生活習慣改善指導をおこないます。

その治療法では、主に服用する治療薬が処方されますが、生活習慣の改善などからも治療がおこなわれます。

なぜなら、AGAの原因は男性ホルモンだけでなく、加齢やストレス、食事、喫煙なども関わっているからです。

その為、治療効果を高めるには頭髪の健康管理だけでなく身体の健康管理も必要不可欠です。

身体の健康を保持して治療効果を高める

治療効果を高める為には、身体の健康を保持する必要もあります。

また、睡眠時間もAGA治療に深く関わっています。睡眠時間が5時間以下になると、抜け毛が促進される事がわかっています。

どうしても睡眠が不足する方は、昼寝を30分程度行うと有効です。

さらに、食事バランスが偏っている方や過度なダイエットをおこなう方はAGAに悪影響をおよぼしますので避けましょう。

専門医では、これらの要因を総合的に治療していきます。

AGA専門医で使用される治療薬について

AGA治療は保険対象外となりますので、全額自己負担での治療となります。

個人の脱毛症状の原因によっても、治療や薬の値段に違いがあります。

しかし、早期に治療を開始する事によって、結果的に薄毛が改善され治療が必要なくなる方も多いです。

AGA治療で処方される代表的な薬には、フィナステリドとミノキシジルがあります。

AGA治療薬フィナステリド

AGA治療薬として、飲む育毛剤のフィナステリドが販売されています。一般の方の認知度も高くなっており、AGA対策として注目されています。

AGA治療薬フィナステリドは、初めて厚生労働省に認可されたAGA治療薬となります。

しかし、世界60カ国以上で以前から認可され、高い効果が報告されています。

フィナステリドの効果については、使用者の9割以上が抜け毛の抑制や改善を感じていると言われています。

ただし、 フィナステリド・プロペシアは男性限定です。女性・妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあること報告されています。→https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/label/2012/020788s020s021s023lbl.pdf

フィナステリドは保険対象外の薬となっており、1錠の料金が約250円と言われています。治療にあたって1日1錠服用する必要があり、月に約7,500円程度の負担があります。

また、負担費用は病院や調剤薬局によっても違いがありますので、それぞれの病院によってかかる費用にも違いがあります。

フィナステリドの働き

飲み薬であるフィナステリドは、血流にのって毛の細胞に入り込んでいきます。

そして、酵素の働きを抑える事で、脱毛原因となるホルモンの作られる量が減り、髪の毛の軟毛化を防ぐ効果があります。

ミノキシジル

ミノキシジルは、末梢血管の拡張を促し育毛を促進させる塗り薬です。

また現在では、ミノキシジルに細胞分裂を活性化させる働きがある事も判明しています。

ミノキシジルの働き

塗り薬であるミノキシジルは、血管を拡張する働きをします。

その作用によって頭皮の血行が改善され、また細胞分裂を活性化させる効果で発毛を促進させます。

医療機関では、それぞれの症状に合わせて薬が処方されています。

できるだけ抜け毛の進行を遅らせるだけの治療は避け、専門医で発毛効果がある薬の処方や治療をしてもらいましょう。

頭皮の環境を整えることが重要

専門医院の治療では、薬と合わせてストレスや睡眠、食事、喫煙などの改善もおこなっていきます。

また、食事やサプリメントで積極的にビタミンやミネラルなどを摂取する事で発毛を促します。

AGA治療薬を服用するにあたって大切なのは、健康状態を保持した身体に用いる事です。なぜなら、いくら効果的な薬を服用しても、頭皮や身体が健康でなければ薬の効果を十分に得る事はできません。

その為、頭皮を常に清潔にしておく事も大事です。

さまざまな方法を検討を検討しよう

一般の病院では、AGAの治療薬の処方をして経過をみる治療法が一般的です。

しかし、専門医院ではそれぞれの症状に細かく沿った処方や生活習慣の改善指導もおこなっていきます。

ご自身でおこなうケアでは、育毛剤などの使用があります。

またすぐに効果を求める人には、サロンなどで人工毛などを使用した増毛などの方法もあります。

また、かつらの使用や植毛などを選択される方もおられます。

自身の希望に沿った対策方法を検討する事が大事

医療機関の薄毛治療も保険適用外治療になり、各医療機関で設定金額にも違いがあります。

また、全ての方に満足できる結果がでるとは限りません。

医療機関ではなく、サロンなどで脱毛の抑制をおこなっている場合もあります。

しかし、医療機関でないと薬の処方はできません。

それぞれの方法を選択され、高額費用負担をしても効果が得られない場合もあります。

AGAになられた方は、治療や増毛、植毛などさまざまな方法を検討しましょう。費用や髪の毛の今後の事を考えて、ご自身の希望に沿った対策方法を検討する事が大事です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる