AGAの治療ミノキシジルとフィナステリドの働きと副作用について

ミノキシジルやプロペシアはAGAに効果的な治療薬です。しかし、いくら認可されているとはいえ、薬には副作用がつきものなので、AGA治療については、専門の治療院に相談することが大事です。

目次

AGAの治療ミノキシジルとフィナステリド

ミノキシジル」という発毛成分があることをご存知でしょうか。

元々は高血圧な人への飲み薬として使用されていた「血管拡張剤」だったのですが、その後AGAにも効果的であるということが発見されました。出典

最も有名な発毛剤「リアップ」

日本では、大正製薬の医薬品「リアップ」がミノキシジルを含む発毛剤として最も有名です。

ミノキシジルと、さらにそれとは別の発毛促進成分を配合した「リアッププラス」や、日本では唯一の女性用発毛剤「リアップレディ」なども製品化されていますが、世界約30カ国で発売されているリアップは、20歳以上の男性のみ使用可能で、1日2回、AGAの気になる箇所に塗布するようになっています。

リアップ以外のミノキシジルを含む発毛剤

リアップ以外のミノキシジルを含む発毛剤としては、アンファーのスカルプD メディカルミノキ5があります。

また、アメリカの製薬会社であるファイザーより出ている物があり、こちらは、リアップに比べミノキシジルの濃度が5倍と高いものですので、一般的な薬局よりは、通販サイトを利用した方が入手しやすいです。

「ロゲイン(5%)」にも女性用があり、「女性用ロゲイン(2%)」として製品化されています。

AGAの治療薬フィナステリド

フィナステリド(日本名:プロペシア)」は、AGAの治療に効果的な飲み薬です。

もともとは「前立腺肥大」や「前立腺癌」のために使用されていましたが、AGAに対しても有効であることが、発見され、AGA発症と関わりの深い酵素である「5α-リダクターゼ」を抑制させる「飲む発毛剤」として使用されるようになったのです。出典

フィナステリドは、他の発毛サプリと異なり、副作用が強いので、必ず医師の処方を受けなければなりません。

リアップなど手ごろに購入できるものもありますが、より効果の強い飲み薬を使用してみるのも対策の一つです。

ミノキシジルとはどんな薬

ミノキシジルは、日本でも外用発毛剤としても薬局などで発売されています。

もともとミノキシジルは、1970年代後半に血圧降下剤として米国で開発されましたが、服用している患者から全身の多毛症状の副作用が報告される事が多くありました。

ミノキシジルの種類

その為、薄毛治療の外用薬として臨床試験が開始され販売される事となりました。

現在では、ミノキシジルは発毛効果がある薬として広く知られています。

ミノキシジルには、服用するミノキシジルタブレットと塗布するミノキシジルリキッド、ミノキシジルゲルがあります。

現在医療機関では、基本的にミノキシジルは副作用のリスクを避ける為、安全性の高い外用薬が用いられています。

医師の指示に従い正しく使用すれば、副作用の心配もなく安心して使用できます。

ミノキシジルと併用される薬

ミノキシジルの効果を最大限にするには、服用薬のプロペシアやフィナステリドとの併用が必要と言われています。

一般的にこれらの薬を併用した治療は、最もAGA治療効果が期待できると言われています。

その為、発毛治療をおこなう専門医院でも、ミノキシジルの塗布とプロペシアやフィナステリドの服用を合わせて処方している医院が多いです。

プロペシアやフィナステリドがミノキシジルと併用される理由

プロペシアやフィナステリドの服用は、脱毛を引き起こす成分が体内で生成されるのを抑える効果があります。

しかし、脱毛を防止しただけでは発毛効果は得られません。

その為、ミノキシジルの併用で発毛を促進させていきます。

ミノキシジルとプロペシアやフィナステリドの併用は、お互いの薬剤の短所を補う効果があります。

つまり、ミノキシジルで発毛を促進し、プロペシアやフィナステリドによって脱毛を防止します。

併用を試みたい場合

これらの併用を試みたい方は、医療機関で検査をおこない、医師に処方してもらう必要があります。

ドラッグストアなどで入手可能なミノキシジル成分が配合された発毛剤は、1%ミノキシジルが配合されています。

1%の配合製品の場合は、効果が出るまで最低6カ月の連続使用が必要だと言われています。

しかし、ミノキシジルはAGAの頭頂部の脱毛のみに効果が認められています。

医療機関では、これらの市販薬より濃度が高いミノキシジルの薬が処方されています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけるので、AGA治療に効果が高く、毛母の細胞分裂を活性化させてくれます。

発毛を促す治療薬として人気のAGA治療薬のミノキシジルは、もとは血管拡張剤として開発されたものです。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬

高血圧の治療薬として使用されていたのですが、患者が多毛症になる人が多く見られたことから、AGA治療に用いられるようになりました。

今では正式にFDAに、AGA治療の薄毛治療薬として認可されたので、世界中から注目されています。

ミノキシジルの副作用の症状

AGA治療で効果の高いミノキシジルにも、副作用があり、それは頭皮のかゆみやかぶれなどです。

接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎などがミノキシジルの副作用で、AGA治療に使用する時は注意を要します。

もとが高血圧の治療薬だったので、AGA治療として使用する場合、今現在高血圧症の治療を受けている人には副作用が懸念されます。

また、低血圧の人は血圧が下がり過ぎるという副作用があるので、AGA治療の際には注意が必要です。

プロペシアもミノキシジルもFDAから正式に認可されたAGA治療薬ですが、いずれも副作用があります。

いくらFDAに認可されているとはいえ、薬には副作用がつきものなので、AGA治療については、専門の治療院に相談することが大事です。

プロペシアの副作用

AGAの代表的な治療薬と言えば、飲む薬のプロペシアとつける薬のミノキシジルがあり、この2種類は有名です。

ただ、いずれのAGAの治療薬も、効果を確認するには、ある程度の一定の時間が必要で、忍耐力がいります。

プロペシアは飲む育毛剤としてAGA治療によく用いられる医薬品で、主成分はフィナステリドです。

もともと前立腺肥大症の治療薬

もともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬品なのですが、その後の研究でAGA治療に効果あるとわかったのです。

AGA治療薬としてのプロペシア

1997年、プロペシアはAGA治療薬として、正式にFDAに認可されたことで、一気に広まります。

実際、国内の臨床試験でも、3年使用で70%以上の人にAGAの改善がみられたという報告があります。

プロペシアは非常に高い効果を持つAGA治療薬なのですが、一方で副作用もあるので注意しないといけません。

プロペシアの副作用

AGA治療薬として人気のプロペシアの副作用は、性欲減退、勃起不全、肝機能障害などが挙げられますが、副作用の症状は軽く、発症率も数%なので、AGA治療薬のプロペシアは、それほど恐れるほどではありません。

ただし、これは男性に限ったもので、女性に関しては深刻な副作用がおきる可能性があるので注意が必要です。

しかし、プロペシアはAGAのための医療用医薬品なので、購入には医師の診断と処方が必要です。

フィナステリドはどんな働きをするのか

AGA治療でよく使用されるプロペシアやフィナステリドがどのような作用をするのか知っておきましょう。

これらの薬は、医療用のAGAの治療薬として効果と安全性が確認されている薬です。

米国医薬品メーカーのメルク社が開発した薬で、世界初の医療用の飲む育毛剤となります。

フィナステリドは医師の処方が必要

フィナステリドは、1998年からアメリカで処方が開始されました。

現在では世界60カ国以上で使用されており、日本国内では、2005年から発売が開始されています。

現在では国内でも、多くの医療機関で使用されています。

フィナステリドを使用する為には、医師の処方が必要です。

プロペシア使用時の注意点

プロペシアの服用を始めた方は、最初の1カ月程度抜け毛の量が増える場合がありますが、これは産毛が抜けて生えてを繰り返す中で正常な太い毛に成長していく最中におこる症状です。

プロペシアを服用すると休止期の髪の毛が一気に抜けるので、3割程度抜け毛が増加します。

しかし、この脱毛は発毛への経過で現れる症状ですので、順調にプロペシアが作用している証拠になります。

心配な方は、医師と相談しながら経過を見ていきましょう。

プロペシアなどの薬との併用について

プロペシアとミノキシジルの成分が配合されている育毛剤とプロペシアやフィナステリドなどの薬の併用が、海外の脱毛治療法としては一般的です。

また、実際にこれらを併用すると発毛効果が高まると言う報告もあります。

その為、国内の専門医などでも、プロペシアとミノキシジルを併用した治療がおこなわれています。

また、国内の専門医などでは、薬を使用する前に男性ホルモンに対する感受性を調べる為に、遺伝子診断をおこなう医療機関も存在します。

まとめ

AGAには、さまざまな要因があるとされていますので、ご自身でも生活習慣や食生活を見直しましょう。

しかし、AGAは進行する脱毛症であるので、なんらかの対策をする必要があります。

また、初期段階で治療を開始する方が結果的に治療費も抑える事ができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる