AGAに関係するもの【タバコ・ストレス・体温・ホルモン】

AGAに影響するもの・関係するものはいくつかあります。どういったものがあるかを知っているだけでもケアに繋がりますのでこの記事で紹介します。

目次

AGAとタバコの関係

タバコはAGAに対して最も悪影響を及ぼすものです。

タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。

喫煙の悪影響

栄養が行き渡らない毛髪は、成長できずになくなし、抜け毛と発毛のバランスが取れなくなってしまい、その結果、AGAへと発展していきます。

もちろん、喫煙する全ての方が発症するわけではありませんが、AGAになっている人や、症状が出始めている人が喫煙することによって、悪化することは確かです。

禁煙でAGA対策

ですから、AGA対策に真剣に取り組むには禁煙は欠かせません。

現在は「禁煙外来」やニコレットやニコチネル、禁煙パイプ、チャンピックス等に代表される「禁煙グッズ」も数多くありますので、禁煙を実行する手助けアイテムとなってくれることでしょう。

AGAとタバコは大変重要な関わりを持っているのです。

AGAとストレスの関係

過度のストレスは、体内においても血液の流れを悪くし、悪影響を及ぼします。

血流が悪くなると、毛髪へ栄養を送ることが困難になり、栄養が行き渡らない毛髪は成長できず、結果的にAGAへとつながっていってしまうのです。

「悩みが多いと頭が薄くなる」という言葉そのものですね。

ストレス解消法

ストレス解消法をいくつかご紹介しましょう。

  • 趣味に打ち込む
  • アロマなどの癒しグッズ
  • 良質な睡眠(身体を充分に温める、嫌な出来事は頭から消すなど)
  • 金銭的な悩みの解消

特にお金に関係することは、重いストレスになる可能性が高いです。

自分に合ったストレス解消法を実践し、過度のストレスは身体に溜め込まないことが、AGAを予防、改善していくためには必要なのです。

現在は、ストレス社会と言われています。AGAの原因には、ストレスの増加や蓄積もあげられています。

その為、ストレス解消をする事で症状が改善される方も多いです。ストレス解消は、ご自身の好きな事をする時間を少し増加させると良いです。

例えば、運動や読書、音楽鑑賞などです。また、湯船にしっかりとつかる事や良質な睡眠を取る事もストレス解消につながります。

AGA対策につながる体温の上昇

最近は平熱が35度台~36度前半くらいの方は「低体温症」と言われています。

実はAGAに悩む人の多くがこの「低体温症」であり、改善が必要であるという現実があります。

36度台後半くらいまで体温を上げることが理想なのですが、そのためには「身体を冷やさない」、「シャワーだけでなく湯船に浸かる」、「ショウガ等の食材の摂取により、体温を上げる」といったことが大切になってきます。

さらに、「足湯」は効果的な体温上昇法と言われており、簡単で低コストな方法ですので、冷え性体質の方にはおすすめです。

低体温の弊害

低体温は身体に様々な害を及ぼします。

「栄養吸収と新陳代謝の悪化」がAGAと深く関わっており、毛髪に栄養が行き渡らないといったことがあります。

冷え性体質はAGAになりやすい体質」であることを認識し、体温を高める努力が大切なのです。

AGAとホルモンの話

AGAにはホルモンが大変深く関わっています。

生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」が影響しています。

AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまいます。

自毛植毛という治療法

この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。

女性ホルモンの影響が強い側頭部や後頭部の毛髪を、薄くなった生え際や頭頂部に持ってくるのです。

植毛した毛髪は、女性ホルモンの働きを残していますので、抜けにくく、成長しやすい毛髪になっていきます。

また自分の毛髪なので、その後のメンテナンスが不要等、人工植毛を比べるとメリットがとても多いのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる