AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類・対策法

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。

男性型脱毛症というのは、その言葉通り主に男性に見られる脱毛の症状で、頭頂部の中心から髪が抜け落ちたり、額の生え際が後退したりするのが主な特徴です。

目次

AGAで薄毛になる原因

AGAの原因はテストステロンという男性ホルモンです。

実はテストステロンだけでは脱毛は起こらないのですが、5aリダクターゼという酵素と合わさると、テストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛が抜けるように指示を出してしまうのです。

AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。

AGAと生活習慣の関係

AGAになりやすい家系であっても全くその症状が出ない人もいるのは、生活習慣などの要因も深く関わっているからです。

育毛に取り組む人が生活習慣を見直すことが大切なのもそのためです。生活習慣によって遺伝的な傾向を克服することが出来る場合も多いのです。

例えば、食生活が高カロリー・高コレステロールであると血中コレステロールや中性脂肪が増えるので、血液がドロドロになり、健康な髪の成長が妨げらるので、髪に良い栄養分を含んだ食生活に切り替えることが大切です。

脂漏性脱毛症の対策法

AGAの他に脂漏性脱毛症というタイプも存在します。

頭皮から皮脂が適度に分泌されていれば、それは良いバリア機能となるのですが、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がれてしまい、髪の成長が妨げられ、脂漏性脱毛症が起こってしまいます。

これを防ぐためには頭皮を清潔に保つ必要がありますが、洗髪の回数が多過ぎても皮脂を除去し過ぎてしまい、反対に皮脂の過剰な分泌を促すことにつながってしまうので注意が必要です。

女性の薄毛によく見られるびまん性脱毛症

女性の薄毛によく見られるびまん性脱毛症というタイプも存在します。

これは男性のように部分的に集中して脱毛が起こるのではなく、全体的に髪のボリュームが少しずつなくなっていくのが特徴です。

これはかなり薄毛になるまで気付きにくいので注意が必要です。

脱毛や薄毛の原因はさまざま

薄毛は、髪が細くなり、抜け落ち、髪の毛が正常な成長をしない状態を指し、薄毛が進行すると、頭皮が見えて髪の毛の密度が薄くなる状態に陥ります。

薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスになります。

薄毛と男性ホルモンの関係

これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。男性ホルモンのテストステロンは体毛の成長を促進させますが、髪の毛の成長を妨げる働きをする場合があります。

遺伝は薄毛に大きく関わっており、最近では男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べる事ができます。この検査では、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを調べる事が可能です。

薄毛専門医院などでは、処方の前に遺伝子検査をおこない個人の遺伝子に沿った処方や治療をおこなっています。

ストレスは、薄毛や抜け毛にとっても大敵で、ストレスがたまってくると、自律神経やホルモンバランスにも悪影響を与えます。

生活習慣による薄毛の原因

また、血流が悪くなると毛根に栄養分を十分運べないので、発毛が十分におこなわれない原因ともなります。

髪の毛を作るには、ビタミンやミネラルが必要です。しかし、現在の食生活では十分に摂取できない場合も多くなっています。

また、不規則な生活は髪の毛の成長を妨げます。さらに、頭皮の健康は発毛にも大きく関係しています。

食生活の乱れや喫煙習慣

生活習慣での薄毛原因は、食生活の乱れや喫煙習慣などです。

食生活で肉や油の摂り過ぎで血中コレステロールが増えると、血がどろどろになり末端の頭皮まで血が流れにくくなります。すると、血液によって運ばれる栄養素が十分に届かず薄毛につながります。

また、健康な髪を作る為にはたんぱく質やビタミン、ミネラルが必要不可欠です。食事からこれらの栄養素が十分摂れない場合は、健康な髪の毛は育ちません。

無理なダイエットをおこなうと栄養不足によって抜け毛が増加する事があります。

また喫煙習慣がある方は、たばこのニコチンが血管を収縮させるので、抜け毛を促進させる原因になると考えられています。

AGAとはどんな脱毛症なのか

AGAは男性型脱毛症を指す言葉として使用されており、成人男性の髪が薄くなる状態に使用されている用語になります。

AGAの症状では、額の生え際や頭頂部などの毛が薄くなり、症状が進むと薄毛範囲が広がっていきます。

原因は、遺伝や男性ホルモン・生活習慣の乱れ、ストレスなどがあげられています。

1,000万人以上が発症している言われるAGA

抜け毛が進行していくと薄毛が目立つようになり、成人男性の多くがAGAに悩んでいます。最近では、女性の薄毛も増加しています。

AGAなどを解決する為には、早期に対策や予防を開始していきましょう。

AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われており、その中で悩んでいる人は800万人、何らか対策や予防をしている人は650万人とされています。

AGAでよく見られる薄毛の特徴

AGAは、放置しておくと進行し、進行すると髪の毛が減り続け薄くなっていきます。AGAの疑いがある人は、早めに予防や対策をする事が大事です。

AGAでよく見られる薄毛が始まる部分は、

  • まず額の生え際から脱毛が始まる人
  • 頭頂部から薄毛が始まる人
  • これらの両方の箇所で薄毛が開始する人

などさまざまな箇所で薄毛が進行していきます。

AGAの薄毛部分には、酵素によって作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に存在する事が判明しています。

この物質が毛の成長期を短くし、十分に毛が長く太く成長する前に抜けていきます。すると、毛が十分に育たないので、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つ様になります。

AGAは早期治療が重要

AGAが進行すると、抜け毛や薄毛が徐々に増加していきます。

しかし、AGAの症状では薄毛になっていても毛は残っていますので、早期治療を開始して毛を太く長く育てる事が大切です。

治療方法によっては、1年以内に結果が十分にでる人もいますので、まずは生活習慣を見直し、専門医でしっかりと治療していきましょう。

多くの方が、AGAの予防や治療によって健康な毛を取り戻され、薄毛の悩みから解放されています。

AGAと薄毛治療

AGA克服へのアプローチ方法

AGAの薄毛治療については、プロペシアという治療薬がよく用いられていて、医師から服用するよう指示されます。

また、各種ビタミン剤や抗炎症剤などの複合的服用なども、AGAの薄毛治療としてよく行われています。

薄毛治療としてのAGA克服へのアプローチ方法は、脱毛を防ぎ、発毛と育毛を促進する方法が一番です。

育毛剤を使用するのもAGAの薄毛治療にはなりますが、基本的な治療は、プロペシアで薄毛の進行を食い止めることが大事です。

AGAの薄毛治療は、ミノキシジルを中心として、毛母細胞を活性化させるという方法もあります。

そして、生活習慣へのアドバイスと頭皮ケアを参考にして、発毛する環境を整えるのもAGAの薄毛治療になります。

他の治療法を併用することが重要

プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。他の治療法を併用することにより、AGAの薄毛治療の効果をより高めることができるので、色々と試してみることです。

各病院のAGAの薄毛治療で発毛を目指している人は多く、プロペシアを5年間、1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています。出典

頭頂部と生え際どちらにもAGAの薄毛治療効果はありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果は非常に高いです。

ミノキシジルもAGAの薄毛治療には有効ですが、頭頂部の発毛への効果だけで、生え際にはあまり効果はありません。

適切な薬を選択しながら、適切な治療を行うことが、AGAの薄毛治療では大事

AGAの薄毛治療をする時は、自身の症状や原因を見極めながら、行っていく必要があります。適切な薬を選択しながら、適切な治療を行うことが、AGAの薄毛治療では大事になってきます。

全国には、専門的な病院やクリニックがあるので、そうした医療機関で、AGAの薄毛治療に励みましょう。専門病院に行けば、髪の状態をしっかり判断し、最適なAGAの薄毛治療の方法を提示してくれます。

20代、30代あたりからの男性の薄毛は、AGAの症状にあたるので、積極的な薄毛治療が望まれます。

AGAの薄毛治療は、まず問診や触診から原因を見極め、それに見合った薬を処方するのが望ましいので、専門病院を訪れましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる