幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

楽しく学ぶ子ども英会話

楽しく学ぶ子ども英会話

1:英会話が楽しいと思えるように

子どもは好奇心のかたまりです。

その好奇心でも特に伸びて欲しいのが知的好奇心ですよね。

知的好奇心を育てる上でも英会話は向いている学習です。

どんどん色々なことを学習して、英語も上達するには「楽しい」という気持ちが、子どもの好奇心を育てます。

文部科学省によれば、子どもの発達は自らの経験を基にして豊かな心情や意欲、新たな能力を獲得し発達していくといいます。

成長に伴って視野を広げ、自己探求を深めていくのですが、その発達段階で様々な経験をさせることも重要だといいます。

つまり、英会話を楽しいと思って学ぶことは、子どもの好奇心を刺激して知的能力を発達させる支援になるとも言えます。

2:スキンシップで楽しく英会話

幼少期は特に好奇心が旺盛です。

しかし好奇心から聞いた言葉を否定されたり、シャットアウトされることで、だんだん好奇心を抑えるようになって、好奇心を育てずに大人になっていくといいます。

幼児の頃はスキンシップが発達にもっとも重要な役割を果たします。

英単語の一つを覚えたら褒める。

褒める際に抱きしめたり、頭を撫でる、握手するなどスキンシップを行うことで、愛情と喜びも感じます。

また英語の音楽を聴きながら一緒にダンスをすることも、英語が楽しめる一つです。

親子で歌い踊る。

手をつないで踊れば、記憶の中に英語を使った遊びが楽しいとインプットされることでしょう。

3:英会話教室の授業に加える愛情

同様の授業は幼児の英会話教室でも行われています。

子どもの知的好奇心を開花させるために、すでに通わせている人もいるでしょう。

道徳や社会性の芽生えとなる遊びも、授業の中に上手く織り込まれています。

子どもの知的好奇心を伸ばすには褒めること、感心することが効果的です。

英会話教室で先生に褒められることもそうですが、それ以上に親に感心されることは、子どもに相応しい生活リズムの獲得にもつながります。

英会話を楽しむ学ぶことで、知的好奇心も発達させる。それには、親の関与も重要な責務ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. ひらがな学習法
  2. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響
  3. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  4. お風呂で幼児教育
  5. ピラミッドメソッド
  6. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由