幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

幼稚園受験を考えるなら

幼稚園受験を考えるなら

1:お受験の必要性はあるの?

子どもだけでなく親も一緒にお受験を頑張るのが「幼稚園受験」。

しかし、幼稚園受験をする必要性があるのでしょうか。

そもそも幼稚園受験とはどんなことでしょうか。

親として子どもの将来に避けては通れない受験。

まだまだと思うのか、そろそろと思うのか、その選択を考えてみませんか?

最近は珍しくなくなってきた、幼稚園受験。

都心では、お受験を行うことがむしろ当たり前になりつつあります。

人気のある幼稚園は、お受験をすることで通えるかどうか決まります。

またエスカレーター式で大学まで進める有名付属幼稚園は「お受験」が条件です。

子どもの将来を担う幼稚園受験。

親の選択はどうすればいいでしょう。

2:幼稚園受験が必要と思わせるところは?

相変わらず、就職は勝ち組と負け組では雲泥の差といえます。

今では大学を出ただけでは就職先も無いから、大学院に行く話しも多く聞かれます。

幼稚園受験はまさにその一歩です。

有名な付属幼稚園に入ると、そのままエスカレーター式で小学校・中学校・高校・大学と進学がしやすい特例措置が設けられています。

小学校受験に比べても、比較的受験生が少ないのが幼稚園受験。

このため先着順や抽選だけで入園できる幼稚園もあります。

大学までエスカレーター式で上がれるということは、この先受験戦争を行わなくても良い可能性が高くなります。

このため子どもの受験へのプレッシャーも少なくなります。

幼稚園や小学校の受験は親も子どもと一緒に、受験準備するようなもの。

実技など子ども個人の適性も試験する幼稚園もありますが、親子で試験に向かうようになります。

3:将来と幼稚園受験

幼稚園受験に合格すれば、年齢が上がるにつれ段々難しくなる受験の必要性がない人もいます。

進学しやすい特例措置ですから、努力を怠るとエスカレーター式で上がっていけませんが、大学まである付属幼稚園だと、比較的安定した将来設計が見えてきます。

子どもの将来を考えると、親も安心した将来が、とりあえず約束されている点は助かりますね。

させたい・させるべきなのか、まずは詳しく調べてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. コミュニケーションと幼児教育
  2. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  3. ひらがな学習法
  4. お絵描き
  5. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由
  6. 愛情と幼児教育の関係