幼稚園受験の対策、行っていますか?

幼稚園受験の対策、行っていますか?

1:幼児教室の役割

幼稚園の受験者は2~4歳の子どもです。

このため受験を考える家庭では「幼児教室」に通わせて受験対策を行っているというご家庭も珍しくありません。

では実際に幼児教室ではどのような学習が行われるのでしょうか?

スポンサーリンク

子どもたちの将来を考えて、幼稚園受験を考えるのならばプロの力も借りたいですね。

幼児教室では幼稚園、小学校、中学校の受験に向けたコースが設定されていて、個別や少人数制で、初めての受験を合格に導くカリキュラムが組まれています。

幼稚園受験カリキュラムでは、子どもの豊かな創造力や思考を育てるための知能教育と日常生活でのマナーや受け答えの練習など様々な面でのレベルアップを目指します。

楽しく遊びながら学ぶことを目的としている教室が多く、1歳から通わせているという親も珍しくありません。

子どもが本来持っている能力を伸ばす、引き出すほう助を行ってくれる面でも幼児教室に通わせることが重要と考えている人も多いでしょう。

2:体験教室を受けよう

幼児教室を選ぶ場合は、体験教室を行っている教室が多いので、まずは体験授業を受けてみましょう。

良いと評判の幼児教室でも幼稚園と同じで、子どもに合わなければそれまでです。

子どもが楽しそうに授業を受けていたのか、興味がある様子なのか、体験教室がある教室だと判断がしやすいですね。

さらに、幼稚園受験コースがある教室の方が、受験対策も任せられます。

実際に合格者をどのくらい出しているのか、中学校受験の塾のようにデータがわかりやすいと判断しやすくなります。

3:入会の流れと授業料

多くの場合入会金と月謝、教材費が掛かってきます。

年齢によって月謝や教材費は違いますが、コースが決まったら申込みをしましょう。

ホームページを通じて申込みを行うか、電話にて行うか。

どちらにしても契約書に署名・押印、支払もあるので、一度は入会のために教室に行きましょう。

成長する子どもの姿も楽しみですね。