AGA・薄毛治療の一般医院と専門医院の違い

薄毛治療の一般医院と専門医院の違い

AGAは、医師の治療で治ります。

 

治療を受ける場合は、一般医院と専門医院を選択します。

 

一般医院での治療は、プロペシアが処方される事が多いです。

 

一般医院では脱毛の進行を遅らせる治療

プロペシアは、脱毛を抑える効果がある薬です。

 

つまり、一般医院では脱毛の進行を遅らせる治療をおこなっています。

 

専門医院では、個人の脱毛症状に合わせて脱毛を抑えながら発毛をおこなっていきます。

通院目安と費用の違い

また、その他にも一般医院と専門医院には違いがさまざまあります。

 

一般医院では現状維持が目的で、検査も少なく触診や頭部撮影などはない場合が多いです。

 

また、通院は3カ月から半年に1回が目安になっています。

 

さらに、費用負担は7千円から1万5千円程度が多いです。

 

専門医院では発毛が目的で、初診や半年ごとに検査をおこないます。

 

検査内容は、血液検査などです。

 

また、触診や頭部撮影などもおこないます。

 

通院は、1カ月に1回が目安になります。

 

さらに、処方される薬はフィナステリドやミノキシジル、また抗炎症剤やビタミン類になります。

 

また、費用負担は1万5千円から3万2千円程度が多いです。

どちらを選ぶべきか

AGA治療は、個人の症状の原因や生活習慣に応じて総合的に治療する必要があります。

 

その為、専門医院では薬剤による治療と食生活・生活習慣の指導などもおこないます。

 

治療費などの不安が大きい方は、専門医院での無料カウンセリングを利用されると良いでしょう。

 

しかし、費用負担の軽減や現状維持を目的とされている方は、一般医院を利用しながらご自身で食生活や生活習慣を見直して発毛を促進させていきます。

 

しかし、一般医院を利用する場合は検査や途中経過の診察がない場合が多いので、身体状況に気を配りながら薬を利用していきます。

 

プロペシアの服用だけでは、発毛効果はあまりない事を理解しておきましょう。

 

発毛を望む方は、専門医院の治療を受けられると効果が期待できます。

 

しかし、一般医院よりも治療費が高額となり、必ずしも発毛効果があるわけではない事も理解しておきましょう。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top