育毛・薄毛対策

薄毛対策のために知っておきたい良い習慣

食生活の見直し

人間の体に入ってきた栄養は、生きていくために重要なところに振り分けられていきます。

 

髪の毛は体の中でも優先順位が低く、栄養不足から薄毛を加速させてしまうこともあります。

 

バランスの悪い食事を続けていると、髪の毛を育てる栄養が足りなくなってしまうので、まずは食生活の見直しから始めてみましょう。

ストレスを上手に発散する

過度のストレスも抜け毛の原因となり、結果的に薄毛の原因となります。

 

仕事でストレスが溜まるのは仕方のないことですが、それを上手く発散させることで、体は「ストレスが無い」と勘違いしてくれるので、楽しいストレス発散方法を見つけましょう。

成長ホルモンを分泌させる

十分な睡眠も薄毛対策には大切です。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。

 

子どもの成長だけに関わるホルモンではなく、大人になっても内臓や皮膚、髪の毛などの修復に関わるホルモンです。

 

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が悪くなり、それが続くとホルモン不足が慢性化します。

 

これはしっかりとした睡眠を取り続けることで解消されますので、薄毛が気になっている人は睡眠時間についても見直してみてください。

禁煙する

薄毛になる原因には生活習慣が大きく関わります。

 

タバコも薄毛には悪影響です。

 

タバコに含まれるニコチンには毛細血管を縮める作用があります。

 

興奮した気持ちを落ち着ける効果はありますが、頭皮の血行のためには一つのメリットもありません。

 

いきなり禁煙するとストレスが溜まってしまい、髪の毛に悪影響を与えることになりますので、本数を減らすなどして少しでも体からニコチンを追い出す努力をしましょう。

 

育毛・薄毛対策記事一覧

AGA以外にも、さまざまな脱毛症が存在します。またそれぞれに特徴があり、対策や予防にも違いがあります。ご自身の脱毛症が何の症状であるかを判断する事は、治療方法や予防をおこなう為にも大変に大事な事になります。

食事内容を見直すことで、薄毛対策ができます。まず、ジャンクフードに偏らないこと。たまに楽しむ程度で食べるのは構いませんが、日々の食事はなるべく栄養バランスの整ったものにしてください。

「年齢を重ねてからちょっと薄毛になってきたかな?」と、はっきりと薄毛であるというわけではないけれど、なんだか年齢を重ねてから薄くなっているような気がすると悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。薄毛は、日頃から髪の毛のケアをすることによって、対策をとることができます。

髪の毛はたんぱく質でできています。そのため、髪の毛を生やすためにはたんぱく質が必要ですが、もちろんそれだけで髪が生えるというわけではありません。たんぱく質以外にも様々な栄養素の働きがあることによって、髪の毛へと繋がっていくのです。

薄毛を対策しようと考えたとき、思いつくその対策はどれくらいあるでしょうか。薄毛対策と聞くと、髪の毛に直接関係あることの対策ばかりが思いつくことが多いでしょうが、実はしっかりと睡眠をとるということも薄毛対策のひとつです。

page top