生え際へのAGA治療

生え際へのAGA治療

AGAの治療に際しては、ミノキシジルがよく用いられますが、この薬は、生え際にはあまり効果がありません。

 

生え際のAGAの薄毛で有名なM字ハゲに対しては、ミノキシジルは、効果が薄いとされています。

 

M字ハゲにはプロペシア

その点、フィナステリドを有効成分とするプロペシアの服用は、AGAのM字ハゲにも効果を発揮するといわれています。

 

頭頂部のAGAの薄毛治療については、ミノキシジルやフィナステリドが有効で、比較的改善しやすいです。

 

生え際に関しては、AGAの脱毛原因のDHT最も多く存在しているので、ミノキシジルだけでは改善は期待できません。

 

プロペシアの服用は、DHTが生成されないよう男性ホルモンに働きかけるので、生え際のAGAの治療に有効なのです。

 

抜け毛に繋がる直接の原因を取り払うので、AGAのM字部分の生え際の抜け毛がストップする可能性があります。

 

AGAの治療で大事なのは、正常なヘアサイクルを持った毛髪が、生え際から新たに育っていくことにあります。

 

生え際のAGAの薄毛改善のためには、DHTを抑制することが最も重要な対策と考える必要があります。

プロペシアの効果が期待できない状態とは

プロペシアは、髪の毛を脱毛させてしまうDHTが生成されないよう働きかけるので、生え際のAGAの治療に効を奏します。

 

とても素晴らしい効果があるので、生え際のAGAの治療としておすすめなのですが、効果を発揮できない場合もあります。

 

プロペシアでも生え際のAGAの治療に効果がないのは、既に相当進行してしまった薄毛の場合です。

 

毛根自体が既に死滅してしまっているような場合、生え際のAGAの治療に、プロペシアを使用してもあまり効果はありません。

 

生え際に産毛が生えている場合、改善できる可能性はありますが、ツルツルの場合、AGAの治療は困難です。

 

AGAの治療は、産毛すら生えていない生え際の箇所については、発毛効果はほとんど期待できません。

生え際はもともと髪が育ちにくい

プロペシアに含まれるフィナステリドは、DHTの量を減らして、AGAの進行を食い止めるチカラがあります。

 

一般的に、半年から1年くらい飲み続ければ、だんだんと生え際のAGAに対しても、効果が現れてきます。

 

しかし実際には、てっぺんにはある程度効いても、生え際のAGAの治療は、効いた実感は少ないものです。

 

中には飲み続けているにも関わらず、生え際のAGAに効果が全くなく、おでこが広がる一方という人もいます。

 

生え際はもともと髪が育ちにくい要因が重なっているので、AGAの治療に際して、頭頂部の薄毛より改善しにくいのです。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top