ヒゲを脱毛する2つの方法

ヒゲ脱毛

 

ヒゲ脱毛と一口に言っても、自分で処理してしまう場合と、エステに任せる方法の2パターンがあります。

 

この2つは費用や処理方法が異なりますので、まずは違いを知ることが重要です。

 

自分で脱毛orエステ

ヒゲ脱毛の方法が異なるだけで、仕上がりなどにも大きな差が出てきます。

 

もちろん手軽さに関しては、自分で脱毛してしまう方法が勝っています。

 

ただ脱毛後の仕上がりに関してはエステのほうが優れており、どちらが良いとは一概には言えません。

 

自分で脱毛するかエステを使うかは人それぞれのため、じっくり検討してみましょう。

自分でヒゲ脱毛をおこなう場合

自分でヒゲ脱毛をおこなう場合は、市販の脱毛クリームやローションを使うことになります。

 

これらヒゲ脱毛をするための製品は、数千円ほどで購入することができます。

 

コストパフォーマンスには優れているため、出費がかさむこともほとんどありません。

 

自宅でヒゲを脱毛できるところも特徴と言えます。

 

しかし、実際に脱毛できるかどうかは商品によって異なります。

 

ヒゲが太くて濃い方は、全然脱毛できなかったり、さほど効果を実感できない場合もあります。

 

そのため、商品選びに時間を割くことになるので注意が必要です。

 

また、肌が弱い方はクリームなどの刺激が強く、肌荒れやかゆみを引き起こすことがあります。

ヒゲ脱毛をエステに任せる場合

ヒゲ脱毛のエステ

 

ヒゲ脱毛をエステに任せる場合は、肌トラブルや仕上がりに関してさほど気を使わなくて済みます。

 

レーザーやフラッシュ、電気針(ニードル)など様々な種類があり、エステによって選択できる方法は異なります。

 

エステなら自分で処理をしなくて済むため、とても簡単にヒゲ脱毛をすることができます。

 

一方、脱毛の方法によっては料金が高額になることもあります。

 

事前にエステへ費用を聞き、予算を決めることが必要です。

メンズ脱毛サロンとクリニックの特徴

脱毛をする男性が増えています。

 

脱毛器や抑毛クリームを使い自力で脱毛を目指すやり方もあるのですが、こちらは確実性に欠けています。

 

男性が脱毛の施術を受ける場合は、クリニックかメンズ脱毛サロンかの2つに大きく分けられます。

主流はレーザー脱毛

クリニック、メンズ脱毛サロン共に電気針を使った脱毛を手がけているところがあるものの、主流なのはレーザー、光を使った脱毛です。

 

レーザー脱毛・光脱毛の両者とも基本的な仕組みは同様のもので、メラニン色素に対し反応する特徴を持つ光を肌に照射して毛根にダメージを与えます。

 

クリニックで使われているのがレーザー脱毛、メンズ脱毛サロンで使われているのが光脱毛で、主な違いは出力です。

 

クリニックのレーザー脱毛の方が出力が高いので、それだけ脱毛の効果も見込めるでしょう。

気になる痛みについて

ヒゲ脱毛の痛みを気にする男性

 

一方で、レーザー脱毛の出力の高さは痛みを感じやすいというデメリットもあり、この点ではメンズ脱毛サロンの光脱毛の方が優れています。

 

クリニックでは麻酔を使えるので痛みに関しての対策は取られているものの、それでも痛みは大きな問題です。

 

男性にとって人気の部位のひげ、脇など毛が濃いところは痛みを感じやすいポイントなので、痛みで脱毛を挫折する人も珍しくはありません。

 

メンズ脱毛サロンの光脱毛の方は痛みは抑えられているものの、出力の面では劣っているので脱毛が長期化する傾向があります。

 

それぞれにメリット、デメリットがあるので、実際に体験して痛みなどを確認するのが基本です。

後悔しないメンズ脱毛

実際に照射して肌への影響を確認する必要があるので、クリニックであってもメンズ脱毛サロンであってもいきなり施術をすることはありません。

 

クリニックもメンズ脱毛サロンでも、脱毛にはまとまったお金が必要になります。

 

そのため、あまり自分に合っていないところを選んで、通うのが苦痛になれば精神的にも金銭面でも問題です。

 

後悔しないように、メンズ脱毛について知識を深めておきましょう。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ戻る