永久脱毛治療中に気をつけること

永久脱毛治療中に気をつけること

 

ヒゲやムダ毛、胸毛などの永久脱毛治療をお考えの方に、永久脱毛治療中に気をつけることをいくつか挙げていきましょう。

 

湯船に浸からず、シャワーで済ます

まず一つ目は「湯船に浸からず、シャワーで済ますこと」です。

 

脱毛治療後は肌がとてもデリケートな状態となっています。

 

あまり温めてしまうと、炎症やほてりが長引いてしまうので気をつけましょう。

 

湯船には浸からず、シャワーのみでなるべくこすったりしないようにしてください。

 

ほてり、炎症がひどい場合には水で冷やしたタオルや保冷剤などを利用し、脱毛した部分を優しく冷やしてケアを行いましょう。

日焼けを避ける

二つ目は「日焼けを避けること」です。

 

医療機関で行う医療レーザー治療は、黒いもの(メラニン)に反応し光を照射して毛根を破壊する脱毛治療です。

 

肌を日焼けしてしまうと、医療レーザーが肌へも反応することがあり、脱毛による火傷のリスクが高まります。

 

脱毛治療中は日焼けを避け、治療に支障がないように心がけましょう。

炎症がひどい場合にはすぐに相談する

三つ目は「炎症がひどい場合にはすぐに相談する」ことです。

 

痛みを我慢して治療を行ってしまっては、さらに肌へのダメージを蓄積することになります。

 

痛み・炎症がひどい場合には、一度担当者へ相談し治療を一旦止めるなどの対応をしてもらいましょう。

 

軽い炎症であれば、軟膏クリームなどでしっかりとケアを行いましょう。

保湿に気をつける

四つ目は「保湿に気をつける」ことです。

 

脱毛治療後の肌は、乾燥している状態となっています。

 

そのため、普段以上の保湿対策が必要となります。

 

加湿器で部屋の湿度を高めたり、化粧水やクリームなどで肌を乾燥から守ってあげることが大切です。

 

そうすることで、炎症やほてりが起きにくい肌の状態をキープ出来ます。

自分で毛を抜かない

五つ目は「自分で毛を抜かない」ことです。

 

脱毛治療後に、毛抜きなどを使用して自ら脱毛を行ってしまうと効果が出なくなる恐れがあります。

 

また、肌トラブルにも繋がってしまいます。

 

自分では毛は抜かず、カミソリなどで剃る程度で手入れを行いましょう。

このページの先頭へ戻る