脇のメンズ脱毛で汗が増えたと感じる理由とは

脇のメンズ脱毛で汗が増えたと感じる理由とは

 

メンズ脱毛で定番の部位が、脇です。

 

脇は毛の量が多い部位なので、毛が濃いと黒い塊のように見えるケースも珍しくはありません。

 

脇の脱毛は汗が増えたように感じる

そのため、脱毛する人が多いのですが、脇の脱毛は汗が増えたように感じるというリスクがあります。

 

元々、脇は汗をかきやすい部位ですが、レーザー脱毛や光脱毛の施術を受けた後により汗の量が増えたと訴える人が多いのです。

 

もっとも、レーザー脱毛や光脱毛のせいで汗の量が増えたのではなく、脱毛が体に悪いわけではありません。

脱毛後汗が増えたと感じる理由

汗は毛に付着しやすく、脇のように毛が多い部位なら毛に付着している汗の量は相当なものです。

 

脱毛の施術を受けて毛の量が減ると、今まで汗を受け止めていた毛が消えて汗がそのまま流れ落ちます。

 

そのため、汗の量自体は施術前後で変わっていないのに、汗が増えたのではと感じるわけです。

脱毛前に考慮しておくこと

しかし、汗の量が変わっていなくても、実際に流れ落ちる汗は増えているので、これは脱毛前に考慮しておく必要があるでしょう。

 

また、汗の量は精神的な状態によっても大きく左右され、緊張性多汗症と呼ばれる症状もあります。

 

こちらは人前に出るなど緊張する場面で汗が増える症状ですが、似たような症状は脇の脱毛でも起こりうるのです。

 

脇の脱毛の結果として汗を感じやすくなると、汗の量が増えるのではないかという恐れから余計に汗をかく、このようなケースもあります。

病院・メンズ脱毛サロンに相談しておく

他の部位の脱毛であっても汗による影響は多少はあるものの、汗腺の多さなどの理由で脇が最も悪影響を受けやすい部位です。

 

脇の施術を考えているのなら、毛をどれくらい減らすかを事前に病院なりメンズ脱毛サロンなりに相談したいところです。

 

無毛に近づくほどに汗は流れやすいので、毛の量をどの程度に抑えておくのか、或いは汗のことは気にしないで見た目を重視するのか、この辺りは専門家と相談して決めるのがよいでしょう。

 

このように汗は脱毛によるリスクがあるものの、毛が濃く量も多いので、レーザー脱毛や光脱毛で効果が出やすい部位でもあります。

このページの先頭へ戻る