お風呂でできる幼児教育の方法

お風呂で幼児教育

リラックスできる空間のお風呂。

お風呂にゆっくり浸かると、1日の疲れも吹っ飛びますよね。

そんなお風呂は、幼児教育にもとても役に立ちます。

スポンサーリンク

何の邪魔も入りませんから、親子のコミュニケーションにも最適でしょう。

お風呂は、意外にも学ぶのに優れた環境です。

幼児教育を考えている方は、ぜひ取り込んでみてくださいね。

とはいえ、方法はたくさんあります。

オリジナルで提案しても良いですし、家にあるものをお風呂に持ち込んで勉強しても良いでしょう。

おすすめは、お風呂の壁と発泡スチロールを使ったひらがな勉強です。

発泡スチロールは、スーパーのお肉や魚が入っているもので構いません。

綺麗に洗ったら、6×6の正方形を作ります。

そこに、油性ペンでひらがなを書いていきます。

五十音順だけでなく、濁音や半濁音なども書き込みましょう。

お風呂の壁が黒板に早変わり?

この発泡スチロールを、お風呂の壁に貼って使います。

発泡スチロールは濡れていると壁にくっつきやすいので、まるでお風呂の壁が黒板のようになります。

もちろん数字を書いても良いですね。

いろんな文字や数字を組み合わせて、ひらがなの練習や算数の勉強ができます。

子どもは、新しいおもちゃも好きですが、牛乳パックやペットボトルのフタなど、日常的に使っているもので遊ぶのが大好きです。

これらを使って工作をする子どももいますが、それくらい日常で使っているものは子どもの遊びにとても役に立ちます。

また、そこから学ぶこともできますから、勉強も身につくでしょう。

親が進んで手作りをしていると、子どもも自然と作ることが好きになります。

それはきっと、『親と同じことをしたい』という子どもの好奇心によるものなのでしょう。

だからこそ、幼児教育では日常的に使っているものを使うことで、子どもはいろんなことを覚えるようになります。

お風呂ということで、リラックスしながら学べるので記憶力アップ効果も抜群です。