親とのコミュニケーションが幼児教育に効果的?

コミュニケーションと幼児教育

皆さん、お子さんとコミュニケーションを取っていますか?

子どもが小さいうちはいろんな話をして、コミュニケーションを楽しんでいる家庭が多いでしょう。

どうしても、子どもが成長するとともに会話は減ってしまいますが、幼児期からたくさんコミュニケーションを取っていると、教育の面はもちろんのこと、他人とのコミュニケーションに臆しにくくなります。

スポンサーリンク

そのため、両親とのコミュニケーションが多い子どもがは、言語能力が発達しやすくなるといわれています。

幼児期の両親とのコミュニケーションがとても重要

人間にとって、『言葉』はとても重要です。

コミュニケーション能力が高い人は、社会でも重宝されますし、人間づきあいも上手くなります。

一方でコミュニケーション能力が低いと、消極的になりやすく、事が上手く運びにくくなります。

これらは、幼児期の両親とのコミュニケーションも関係しているといわれています。

もちろんそれだけではありませんが、幼児期は特に両親や兄弟を真似て成長しますから、コミュニケーションがかなり重要になってきます。

一番良いのは、まだお腹にいるときから話しかけてあげることです。

『元気に産まれてきてね』『産まれてくるのを楽しみにしてるね』など、子どもにとって嬉しい言葉をかけることで、言語として認識していない赤ちゃんも、その声はしっかり届いています。

もちろん、産まれてきてからも積極的に話しかけてあげてください。

言葉は通じなくても、心は通じます。

話し上手な子どもや言語が発達している子どもは、自然とコミュニケーション能力が発達しています。

また、いろんな言葉を話すことでボキャブラリーも豊富になりますから、子どもとの会話は幼児教育に役立つのでしょう。

おすすめのコミュニケーション法は、いろんなシチュエーションで話しかけることです。

『木に虫がたくさんいる』『空に飛行機が飛んでいる』『赤色の花』など、言葉の意味や使い方を学ぶので効果的です。