楽しみながら学べる幼児教育法

ひらがな学習法

幼児教育には、子どもが『楽しみながら学べる』ことが重要になります。

そのため、いろんなことを学ばせたいからと、親が無理矢理教育させるのは逆効果だといわれれています。

子どもは、成長とともにどんどん意思が明確になってきますから、敏感期を無駄に過ごさないように、子どものの楽しみを重視しながら幼児教育を進めていきましょう。

スポンサーリンク

さて、ひと口に子どもが楽しみながら学べる幼児教育といってもさまざまです。

子どもと楽しいひらがな学習法

一番おすすめしたいのは、『ひらがな学習法』です。

言葉や文章は、成長する上でとても大切です。

幼稚園、小学校と進学していくにつれて、子どもが言葉や文字に興味を示さなければ大変です。

そういったことのないように、早くからひらがなを学習させるようにすると良いでしょう。

とはいえ、ただひらがなを学習させれば良いというわけではありません。

ポイントは、『子どもが楽しめる』こと。

苦痛に感じないことが第一になりますから、簡単なところからスタートさせましょう。

4~5歳になると、ストーリー性のある絵本も理解できるようになってきますから、モノがきちんと認識でき、なおかつ絵が大きく描かれている絵本を選びます。

たとえば、『いぬ』なら、犬のイラストが大きくひとつだけ描かれていることがポイントです。

ひとつずつ指で説明しながら、文字と発音の対応を確認していきましょう。

次に、絵の形を体で表現していきます。

もちろん、選ぶ絵は簡単なものでOKです。

親が楽しそうに体を動かして絵を表現すれば、子どもは喜んで真似します。

ひとりでは作れないひらがなは、子どもに協力してもらいながら少しずつ覚えさせていきます。

もちろん、簡単にいかないこともあるでしょう。

そんなときは、『2人で作ってもできないひらがながあるね』『どうしたらいいかな?』と子どもに問いかけてみましょう。

思い付きも、幼児教育には欠かせません。