幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

記憶力と思考力を鍛える幼児教育法

記憶力と思考力を鍛える幼児教育法

幼児教育は、さまざまな方法があります。

そのため、どれが正しいのかはトライしてみないことには分かりません。

しかし、だからといってあれもこれも子どもに押し付けてしまうのは、間違った幼児教育になってしまいます。

そこが、幼児教育の難しいところでもあります。

幼児教育のポイントは、子どもの気持ちを優先すること。

幼児教育というと、どうしても親が子どもに無理矢理教育させているイメージがありますが、本来の幼児教育はそうではありません。

子どもの自由と好奇心を尊重し、子どもがやりたいことをどんどんやらせてあげます。

その中で、子どもはいろんなことを知り学んでいきます。

また、積極的に自分で学ぼうとする能力が備わります。

しかし、親が無理矢理教育をさせてしまうと、子どもは抵抗し学ぶことにネガティブになってしまいます。

ですから、幼児教育は内容も大事ですが、進め方も重要になります。

子どもが楽しいと思える工夫

幼児教育は、『子どもが楽しい』と感じることを優先するため、ゲーム感覚で進めていくと良いでしょう。

記憶力アップには逆さ言葉選びが効果的ですし、イエス/ノークイズは思考力が養われます。

遊びから勉強へと自然に移行していくので、子どもも不満になりませんし、何せゲーム感覚なので楽しく学ぶことができます。

また、これらの教育方法は、家でもできますし、費用も一切かかりません。

『ついお金をかけて習い事を』と考えがちですが、お金をかけなくても学べる方法はたくさんあるということを知りましょう。

また、これらの教育方法を習慣づけることも大切です。

料理をしているときや、買い物をしているときに気になる単語があれば、発してみてください。

習慣がついている子どもは、自然と逆さ言葉で返してくれますよ。

きっと、親にとっても子どもにとっても楽しめる幼児教育でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. ピラミッドメソッド
  2. コミュニケーションと幼児教育
  3. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども
  4. 褒める幼児教育
  5. お絵描き
  6. 愛情と幼児教育の関係