トイレットペーパーの芯が幼児教育に役立つ?

トイレットペーパー

家にあるもので、幼児教育ができます。

幼児教育でお金をかける人もいますが、できればお金をかけずに家にあるものでいろんなことを学ばせてあげたいですよね。

そこでおすすめしたいのが、『トイレットペーパーの芯』です。

スポンサーリンク

トイレットペーパーの芯を使った遊びは、記憶力アップや集中力などに繋がるといわれています。

トイレットペーパーの芯の使い方

遊び方もとっても簡単。

トイレットペーパーの芯を、いろんな形に積んでいくだけでOKです。

ただ、トイレにあるものですから、取り外しの際は衛生面に気をつけましょう。

トイレットペーパーの芯ですぐにできる教育に役立つ遊びは、『積み上げ』です。

ようするに、トイレットペーパーの芯を積み木代わりにし、どんどん積んでいくというもの。

母親が手本を見せてあげても良いですし、『芯を積んでみようか』『どんな形ができるかな?』と、声をかけてあげても良いでしょう。

子どものチャレンジ精神を掻き立てよう

子どもが自由に積んでいくことを目的としていますから、無理に積ませるのはNGです。

子どものチャレンジ精神を掻き立てることができたら、問題を出していきましょう。

たとえば、『トンネルを作ってみしょう』『犬を作ってみましょう』というふうに、母親が出題します。

楽しく作る気持ちが大切なので、上手く作れなくても怒ってはいけません。

トイレットペーパーの芯の積み上げは、思考力を高めるのにも役立つといわれています。

単純に積み上げていくだけでなく、形が崩れないようにするには、どのようにして芯を組み立てていけば良いのか、というのを考えさせてみましょう。

他にも、積む順番を変えてみるのも良いですね。

思考力だけでなく集中力も高めることができます。

兄弟がいるなら、競い合うのも楽しいですね。

楽しみながら組み立てて集中力を高めていくので、幼児教育には最適です。