幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

共働きでもできる幼児教育の方法

共働きでもできる幼児教育の方法

きちんと幼児教育をしたいけれど、共働きでなかなか難しい。

そんな家庭もあるでしょう。

でも、共働きでもあるコツを学べば、幼児教育を続けることができるようになります。

一番のカギは、『家庭勉強』にあるといわれています。

幼児教育というと、習い事をさせる親御さんが多いですが、共働きとなるとそう簡単に習い事をさせることはできません。

特に子どもが小さい場合、習い事は難しいでしょう。

そんなときは、家庭勉強が幼児教育に役立つといわれています。

効果的な家庭勉強の方法

家庭勉強とは、その名のとおり家庭で勉強をすることで、教材を購入して学ばせる方法や家にあるものを使って学ばせる方法などやり方はさまざまです。

また、最近は100円ショップでも学習アイテムが売っているので、それを利用するのも良いですね。

家庭勉強を行う上でのポイントは、本人のやる気を奮い立たせること。

家での勉強は誘惑が多く、どうしても集中力が途切れがちです。

そんなときは、『きちんと勉強をすれば好きなものを買ってあげる』と約束をすることです。

もちろん、高価なものを与えるのではなく、100円ショップや駄菓子などでも良いでしょう。

ある家庭は、勉強を頑張ると週末に100円ショップで好きなものを買ってあげているそうです。

こういった約束事や儀式は、子どものやる気を奮い立たせ進んで勉強してくれるでしょう。

そして、『机に向かう』という習慣を小学校に入学する前からつけさせておくことで、小学校に入学しても自然と勉強するようになります。

『小さいうちから勉強なんて』と思う方もいるかもしれませんが、楽しく学ばせることは子どもにとって良い影響になります。

共働きの家庭は、時間を有効活用し、家庭で楽しく教育させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  2. ピラミッドメソッド
  3. 兄弟・姉妹は平等が幼児教育に良い影響
  4. 楽しく学ぶ子ども英会話
  5. お絵描き
  6. 幼児教育で注意したい手のかからない子ども