医療機関の治療以外にもAGA対策方法は存在する

医療機関の治療以外にもAGA対策方法は存在する

AGAは進行する脱毛症の事で、髪の毛が軟毛化し脱毛が増加する為に全体的な毛量が次第に減少していきます。

 

AGA治療で処方される代表的な薬には、フィナステリドとミノキシジルがあります。

 

フィナステリドの働き

飲み薬であるフィナステリドは、血流にのって毛の細胞に入り込んでいきます。

 

そして、酵素の働きを抑える事で、脱毛原因となるホルモンの作られる量が減り、髪の毛の軟毛化を防ぐ効果があります。

ミノキシジルの働き

塗り薬であるミノキシジルは、血管を拡張する働きをします。

 

その作用によって頭皮の血行が改善され、また細胞分裂を活性化させる効果で発毛を促進させます。

頭皮の環境を整えることが重要

専門医院の治療では、薬と合わせてストレスや睡眠、食事、喫煙などの改善もおこなっていきます。

 

また、食事やサプリメントで積極的にビタミンやミネラルなどを摂取する事で発毛を促します。

 

AGA治療薬を服用するにあたって大切なのは、健康状態を保持した身体に用いる事です。

 

なぜなら、いくら効果的な薬を服用しても、頭皮や身体が健康でなければ薬の効果を十分に得る事はできません。

 

その為、頭皮を常に清潔にしておく事も大事です。

さまざまな方法を検討を検討しよう

一般の病院では、AGAの治療薬の処方をして経過をみる治療法が一般的です。

 

しかし、専門医院ではそれぞれの症状に細かく沿った処方や生活習慣の改善指導もおこなっていきます。

 

ご自身でおこなうケアでは、育毛剤などの使用があります。

 

またすぐに効果を求める人には、サロンなどで人工毛などを使用した増毛などの方法もあります。

 

また、かつらの使用や植毛などを選択される方もおられます。

自身の希望に沿った対策方法を検討する事が大事

医療機関の薄毛治療も保険適用外治療になり、各医療機関で設定金額にも違いがあります。

 

また、全ての方に満足できる結果がでるとは限りません。

 

医療機関ではなく、サロンなどで脱毛の抑制をおこなっている場合もあります。

 

しかし、医療機関でないと薬の処方はできません。

 

それぞれの方法を選択され、高額費用負担をしても効果が得られない場合もあります。

 

AGAになられた方は、治療や増毛、植毛などさまざまな方法を検討しましょう。

 

費用や髪の毛の今後の事を考えて、ご自身の希望に沿った対策方法を検討する事が大事です。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top