幼児教育が学力だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることが様々な研究や調査によって明らかになっています。

幼児教育は他人と比較しないことも大事

幼児教育は他人と比較しないことも大事

幼児教育で大事なことのひとつに、『他人と比較しない』というのがあります。

これはそのままの意味で、自分の子どもと他人の子どもを比較しないことをいいます。

特に子どもが小さいうちは、いろんな家庭の子どもと接する機会が増えます。

そうした中で、他人の子どもが自分の子どもよりも秀でていると、どうしても自分の子どもがマイナスに見えるようになってしまいます。

もちろん皆が皆他人の子どもと比較するわけではありませんから、特に気にならないという方もいるでしょう。

でも、『友人の子どもとつい比べてしまう』という方は考えを改めなければいけません。

スパルタ教育になり、教育が乱れていく可能性

幼児教育での他人の子どもとの比較でもっとも多いのが、『他人の子はしっかりしている』『友人の子どもは歩くのが早かった』『同じ年なのにうちの子より成長が早い』などです。

歩きはじめやお箸の持ち方など、気になる方が多いようです。

また、『○○さん家の子どもができるのだからうちの子もできるはず』と敵対心を持ち、教育を厳しくする方もいるでしょう。

どんな小さなことでも、自分の子どもが他人の子どもに負けていると感じたら、要注意です。

早めに改善していかないと、気づいた頃にはスパルタ教育になり、教育が乱れていく可能性があります。

他の子どもと比較しない幼児教育法

では、どうすれば他人の子どもと比較せずに幼児教育ができるのでしょうか?

一番良い方法は、『人は人、自分は自分』という考え方です。

幼児期は特に成長に大きな差が出ます。

しかし、だからといって将来的にマイナスになるといったらそうではありません。

成長の遅い子でも、小学校や中学校と大きくなるにつれて著しい成長を見せる子もいます。

また、他人との比較は子どものやる気を阻害する恐れがありますから、『気にしない精神』で自分たちのペースで教育をしていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. ひらがな学習法
  2. お手伝いで子供を成長させる幼児教育法
  3. 自然と触れる幼児教育
  4. お風呂で幼児教育
  5. ピラミッドメソッド
  6. 読み聞かせが幼児教育に効果がある理由