運動をしながら学べる幼児教育

幼児教育と運動の関係

幼児教育のひとつに運動を使った方法があります。

体を動かしながらいろんなことを学べるので、発育にも効果が期待できます。

近年の子どもは、ひと昔前に比べると低下しているといわれています。

スポンサーリンク

だからこそ、積極的に体を動かし、体に見合った運動機能を発達させるとともに、勉強も身につけましょう。

運動で脳の前頭前野が活性化する

とはいえ、子どもの運動と大人の運動は違います。

外で元気に遊ぶだけでも十分体力作りに役立ちますから、家にこもって遊ぶ機会が多い子どもは、どんどん外に出て遊ぶように心がけましょう。

ちなみに、現代の子どもの運動不足は、塾や習い事が多く外で遊ぶ機会がない、テレビゲームで遊ぶことが多く体を動かす遊びをしないなどが挙げられます。

また、いろんな事件で物騒になっているのも、外で遊ぶ子どもが減少している原因のひとつでしょう。

子どもの運動がどんなことに効果があるのかというと、生活習慣が整い、成長が目覚ましくなります。

また、脳の前頭前野が活性化しますから、記憶力がアップします。

そして、近年増加しているという子どもの肥満も改善することができます。

運動能力が上がるだけでなく、勉強や健康にも効果がある運動。

幼児教育の一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

運動はどんなものでもOK

さて、肝心の運動方法についてですが、どんなことでも構いません。

先ほど、幼児期であれば公園で遊ぶだけでも十分といいましたが、年齢によって運動量は違いますから、年齢に見合った運動を行うことが重要です。

最近は幼児からはじめられるスイミングもありますから、習わせてみるのも良いかもしれませんね。

教育にあまりお金をかけたくないという方は、積極的に子どもを連れてが外出をするようにしましょう。

この時、子どもを歩かせてあげるとGOOD。

小学校に入学したら、家遊びを外遊びに変えてあげるだけで十分運動になります。