幼児教育の成功は子どものペースに合わせること

子どもを見守る父親

幼児教育で大切なことはたくさんあります。

そのすべてをこなすのは難しいですが、幼児教育の方法で悩んでいる方は、参考にしてみるときっと新しい発見があるでしょう。

さて、皆さんは幼児教育でどのようなことに気をつけていますか?

スポンサーリンク

家庭によって気をつけている点はさまざまでしょう。

でも、すべての方に注意してほしいのは、『子どものペースを乱さない』ことです。

失敗を恐れてしまわないように

子どもと大人では、当然覚えるスピードは違います。

また、子どもにもそれぞれ性格がありますから、覚えるのが早い子もいればそうでない子もいます。

それを親の欲求のままに怒ってしまうと、子どもはやりたいことができなくなってしまいます。

要するに、上から抑えつけられてしまうので、自信や勇気が持てなくなってしまうのです。

ですから、『まだ分からない』のであれば、子どもが分かるまで待ってあげるか、分からないという子どもを分かってあげることが大切になります。

たとえば、『ゴミは捨てるもの』と教わっても、ゴミの分別は子どもにはできません。

そうなると、新聞紙も雑誌も捨ててしまう可能性があります。

そこで『なんでできないの?』と怒るのではなく、ゴミではないことをきちんと説明し、分からないことを理解してあげる姿勢を持つようにしましょう。

すると、おもしろいほどに子どもはスイスイ覚えていきます。

失敗を恐れないようになりますから、積極性も身につくでしょう。

子どもは、大人が予想していないことをやります。

親はそれを見てびっくりしますが、きちんと説明し、子どもが理解するまで広い心で待ってあげます。

たとえ覚えるペースが遅くても、それがその子のペースですから乱してはいけません。

幼児教育をするときに、これらの考えはとても役に立ちます。

子どものペースに合わせ自由に好きなことをやらせてあげることは、子どもにとっても子どもの成長にも良い影響を与えるでしょう。