専門医での治療の流れについて

専門医での治療の流れについて

AGAの原因の多くは、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されて生成されるジヒドロテストステロンの働きに関係していると言われています。

 

AGA治療薬は、このテストステロンを変換する酵素の5αリダクターゼの働きを抑える効果をします。

 

すると、AGAの原因とされているジヒドロテストステロンが作られるのを抑える事につながります。

 

カウンセリング

AGA治療薬を使用した治療は、医療機関で受ける事ができます。

 

専門医での治療は、まず無料カウンセリングから開始されます。

 

無料カウンセリングでは、費用や治療方法の説明がされます。

 

また、生活習慣や食生活の内容からAGAの原因がないかを調べます。

初回診察

初回診察では、問診や血液検査などをおこないます。

 

その結果から、処方や今後の治療方針が決定されます。

定期健診

その後は、定期健診で処方や検査を繰り返しおこなっていきます。

 

治療結果は個人によっても違いがありますが、1年以内に脱毛が改善されている方が多いです。

 

まずは、ご自身の脱毛原因を探り、しっかりと対策していきましょう。

 

また、安心して任せる事ができる医療機関を探す事も大切です。

単剤処方治療と発毛治療

AGA治療には、単剤処方治療と発毛治療があります。

 

単剤処方治療では、脱毛の進行の抑制を目的とした治療や処方がおこなわれます。

 

この治療で処方されるのは、脱毛の進行を抑える作用があるプロペシアやフィナステリドなどです。

 

発毛治療では、個人の症状に合わせた薬の処方や治療で発毛を促進していきます。

まとめ

また、治療経過によっては治療法の変更をする事も可能です。

 

専門医院では、薄毛や抜け毛の原因をさまざまな要因から考察し、それぞれの方に合った薬の処方や生活習慣改善指導をおこないます。

 

その治療法では、主に服用する治療薬が処方されますが、生活習慣の改善などからも治療がおこなわれます。

 

なぜなら、AGAの原因は男性ホルモンだけでなく、加齢やストレス、食事、喫煙なども関わっているからです。

 

その為、治療効果を高めるには頭髪の健康管理だけでなく身体の健康管理も必要不可欠です。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top