AGAセルフチェック

AGAをセルフチェックする方法

AGAという言葉を耳にする機会も、増えてきたのではないでしょうか。

 

テレビのコマーシャルで目にする事が多く、着々と知名度を上げています。

 

言葉の頭文字を取っているためAGA自体には意味がなく、日本語で言えば男性型脱毛症となります。

 

薄毛の原因の大半がAGA

言葉尻を捉えれば男性の脱毛における要因と言えるのですが、必ずしもAGAが原因で薄毛や脱毛が起きている訳ではありません。

 

と言うのは建前で、実際に男性が悩む抜け毛や薄毛といった症状の大半をこのAGAが占めています。

 

AGAへと至る原因には色々な可能性が考慮されるため一概には言えませんが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響を多分に受けているという認識が一般的です。

積極的に行いたいAGAチェック

20代から50代に好発と言われるほど対象が多いため、セルフチェックで気付ける点があれば日常的にAGAを警戒してみるのも良いでしょう。

 

AGAは、症状が深刻ですからセルフチェックできる場所があるなら積極的に実施しておきたいところです。

 

AGAのチェック項目を見ていくと、逆にどういった要因がAGAに関係しているのかが見えてくるのではないでしょうか。

AGAになりやすい人

たとえば遺伝子の問題、父方や母方の祖父母に薄毛の人がいた場合にはAGAになる可能性を示唆されます。

 

もちろん、遺伝的な問題だけで必ずしもAGAとなる訳ではありません。

 

ストレスや食生活など、日常的な要素の積み重ねによってもAGAとなり得るため気になる方は注意が必要です。

 

悲しいことにAGAは進行性のため、気付いた時に何も対策を講じなければ症状はどんどん進んでいきます。

 

勝手に良くなるという事もないので、最近髪の毛が気になるという時にセルフチェックをチェックしてAGAが懸念されるようなら対策を講じていきたいところです。

AGAの予兆

AGAの予兆として、髪の毛の成長が乏しいというものがあります。

 

通常髪は長い期間をかけて成長していくものですが、AGAになると十分に成長しないまま抜け落ちてしまいます。

 

毎朝枕に大量の抜け毛があったり洗髪の際に指へと絡み付く髪の毛が増えてきたりした時は、AGAを疑えるかもしれません。

 

また髪の毛が細くなるというのもAGAの特徴に挙げられ、こちらは毎日鏡を見ていく中で気付きたいポイントです。

 

もちろんAGAは治療可能で適切な処置を施せば元通りに回復する事も可能なので、諦めない事が肝要です。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top