育毛剤の正しい使い方と育毛剤の副作用について

育毛剤を頭皮に浸透させる為には、有効な使用方法があります。

もちろん、基本的な使用方法は説明書きにある通りです。

ここでご説明するのは育毛剤を使用するまでのプロセスです。

目次

育毛剤の正しい使い方

頭皮に育毛剤が浸透しやすい環境を作る

育毛剤の効果を倍増させる方法や手順を把握して実践する事で、より大きな効果を実感する事が出来ます。

まず大切な事は、頭皮に育毛剤が浸透しやすい環境を作る事です。その為に大切な事は、清潔な頭皮の状態を保った上で育毛剤を使用する事です。

頭皮が硬くなっていると育毛剤が浸透しにくく、また毛穴が詰まっている状態も、同様に浸透力が低くなります。

これらは正しいシャンプーを行う事で、一時的に改善する事が可能で、育毛剤を浸透しやすい環境を作り出す事が出来ます。

正しい洗髪で清潔な頭皮をつくる

育毛の為のシャンプーの洗い方ですが、まず髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うという事を意識したうえで行う事が重要です。

頭皮に傷を作らない様、爪を立てずに指の腹でしっかりと優しく洗い上げます。

ゆっくりと揉み込む様に洗い、頭を柔らかくするという事を意識して行いましょう。

マッサージはそれだけでなく、育毛剤の浸透に大切な血行を促進する効果もありますから、とても大切です。

シャンプーの成分をきちんと洗い流す

シャンプー後の洗浄も、育毛にはとても大切です。

シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうと、かえって頭皮の状態を悪化させる事になってしまいます。

ですから、シャンプーの成分をきちんと洗い流す事を意識しましょう。

十分に時間を掛け、しっかりと毛根の隙間の成分も洗い流せるよう、マッサージしながら洗い流す事を意識して行って下さい。

洗髪の後は出来るだけ早く育毛剤を使用する

こうしたシャンプーの後は、頭皮も清潔で柔らかい状態となっていますから、育毛剤が浸透しやすい状態になります。

この状態は時間が経てば変わってしまいますから、洗髪の後は出来るだけ早く、育毛剤を使用する事が重要です。

そうした意味では、いつもカラダと頭ではカラダを後に洗う、という方は順序を逆にして、シャワーを出る前にシャンプーを行った方が有効といえます。

こうした点を意識する事で、より効率の良い育毛が可能になります。

育毛剤の副作用

育毛剤は、ごく一部の商品を除けば医薬部外品であり、自由に購入する事が可能です。

しかし副作用などの危険性については、医薬品では無くても100%無いとは言い切れません。

これらの危険性について解説させて頂きます。

肌に対する副作用

まず、頭皮に直接かけたり塗ったりする、スプレー状のタイプや液体タイプのものです。

こうした物の多くは、その人のお肌に合わずに副作用が起こる可能性があります。

実際に起こる症状としては、炎症や発疹、ふきでものやにきびがあります。

多くのスプレー、液体タイプの育毛剤にはこうした危険性への説明が書かれていますが、その対策として目立たない部分のお肌で少量のテストを行うという事が挙げられます。

ほとんどの方はこうしたテストを行いませんが、ご自分に合わない成分の育毛剤を直接頭皮にかけるという事は、最悪の場合、薄毛の進行を早める結果になり兼ねません。

ですから絶対にテストは行ってください。

特に注意が必要なミノキシジルの副作用

そしてリアップや海外輸入で購入した、ミノキシジルを使用した育毛剤に関しては更に深い注意が必要です。

この成分の副作用として挙げられているのが、嘔吐やめまい、息切れや動悸などになります。

特に海外の物で、ミノキシジルの成分を多く含んだ物を服用する場合には、より高い注意が必要となり、何か異常が起こったらすぐに使用を中止する必要があります。

フィナステリドの副作用

同じ様にプロペシアなど、フィナステリドを含んだ育毛剤にも危険性があります。

この成分は男性ホルモンに直接作用する事を目的としていますから、発毛のみならず、男性としての機能に異常をきたす可能性がありますので注意が必要です。

具体的な症状としては、精子の減少や勃起不全などの危険性があります。

プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について |厚生労働省

はっきりと、医学的にその理由などが証明されている訳では無いのですが、こうした実感を多くのフィナステリド利用者が感じているのは事実です。

異常を感じたらすぐに服用を中止する

そうした危険性は十分に考慮しておく必要があります。

いずれにしても、個人差がありますから確実に大丈夫と呼べるものは何一つありません。

ですから、異常を感じたらすぐに服用を中止する様にして下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる