脱毛や薄毛の原因はさまざま

脱毛や薄毛の原因はさまざま

薄毛は、髪が細くなり、抜け落ち、髪の毛が正常な成長をしない状態を指します。

 

薄毛が進行すると、頭皮が見えて髪の毛の密度が薄くなる状態に陥ります。

 

薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスになります。

 

薄毛と男性ホルモンの関係

これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

 

男性ホルモンのテストステロンは体毛の成長を促進させますが、髪の毛の成長を妨げる働きをする場合があります。

 

遺伝は薄毛に大きく関わっており、最近では男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べる事ができます。

 

この検査では、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを調べる事が可能です。

 

薄毛専門医院などでは、処方の前に遺伝子検査をおこない個人の遺伝子に沿った処方や治療をおこなっています。

 

ストレスは、薄毛や抜け毛にとっても大敵です。

 

ストレスがたまってくると、自律神経やホルモンバランスにも悪影響を与えます。

生活習慣による薄毛の原因

また、血流が悪くなると毛根に栄養分を十分運べないので、発毛が十分におこなわれない原因ともなります。

 

髪の毛を作るには、ビタミンやミネラルが必要です。

 

しかし、現在の食生活では十分に摂取できない場合も多くなっています。

 

また、不規則な生活は髪の毛の成長を妨げます。

 

さらに、頭皮の健康は発毛にも大きく関係しています。

食生活の乱れや喫煙習慣

生活習慣での薄毛原因は、食生活の乱れや喫煙習慣などです。

 

食生活で肉や油の摂り過ぎで血中コレステロールが増えると、血がどろどろになり末端の頭皮まで血が流れにくくなります。

 

すると、血液によって運ばれる栄養素が十分に届かず薄毛につながります。

 

また、健康な髪を作る為にはたんぱく質やビタミン、ミネラルが必要不可欠です。

 

食事からこれらの栄養素が十分摂れない場合は、健康な髪の毛は育ちません。

 

その為、無理なダイエットをおこなうと栄養不足によって抜け毛が増加する事があります。

 

また喫煙習慣がある方は、たばこのニコチンが血管を収縮させるので、抜け毛を促進させる原因になると考えられています。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top