AGAとはどんな脱毛症なのか

AGAとはどんな脱毛症なのか

AGAは男性型脱毛症を指す言葉として使用されており、成人男性の髪が薄くなる状態に使用されている用語になります。

 

AGAの症状では、額の生え際や頭頂部などの毛が薄くなり、症状が進むと薄毛範囲が広がっていきます。

 

原因は、遺伝や男性ホルモン・生活習慣の乱れ、ストレスなどがあげられています。

 

1,000万人以上が発症している言われるAGA

抜け毛が進行していくと薄毛が目立つようになり、成人男性の多くがAGAに悩んでいます。

 

最近では、女性の薄毛も増加しています。

 

AGAなどを解決する為には、早期に対策や予防を開始していきましょう。

 

AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。

 

しかし、その中で悩んでいる人は800万人、何らか対策や予防をしている人は650万人とされています。

AGAでよく見られる薄毛の特徴

AGAは、放置しておくと進行していきます。

 

進行すると、髪の毛が減り続け薄くなっていきます。

 

AGAの疑いがある人は、早めに予防や対策をする事が大事です。

 

AGAでよく見られる薄毛が始まる部分は、まず額の生え際から脱毛が始まる人、頭頂部から薄毛が始まる人、これらの両方の箇所で薄毛が開始する人などさまざまな箇所で薄毛が進行していきます。

 

AGAの薄毛部分には、酵素によって作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に存在する事が判明しています。

 

この物質が毛の成長期を短くし、十分に毛が長く太く成長する前に抜けていきます。

 

すると、毛が十分に育たないので、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つ様になります。

AGAは早期治療が重要

AGAが進行すると、抜け毛や薄毛が徐々に増加していきます。

 

しかし、AGAの症状では薄毛になっていても毛は残っています。

 

その為、早期治療を開始して毛を太く長く育てる事が大切です。

 

治療方法によっては、1年以内に結果が十分にでる人もいます。

 

まずは、生活習慣を見直し、専門医でしっかりと治療していきましょう。

 

多くの方が、AGAの予防や治療によって健康な毛を取り戻され、薄毛の悩みから解放されています。

AGAスキンクリニック



記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。
必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。


 


関連サイト
頭皮かゆみ ヒゲ脱毛
page top