食生活やダイエットが原因かもしれない女性の薄毛

女性が薄毛になる原因は様々ですが、その1つに食生活があります。

現代の日本人は、女性も含めて、欧米化ともよく言われますが、肉中心の生活になっていたり、外食ばかりしていたり、若いうちから好き嫌いで偏食をしてしまいがちです。

目次

食生活と薄毛の関係

このような食生活は薄毛の原因になるとされています。

お肉には動物性たんぱく質が含まれています。

人間にとってタンパク質は、とても重要な栄養素の1つですが、摂りすぎると薄毛の原因になってしまいます。

髪の毛は、血液に含まれる栄養が頭皮に運ばれ、頭皮にある栄養が押し上げられる事で成長します。

ですから、栄養が足りなければ髪の毛の成長は止まってしまいます。

中性脂肪

現代の日本人は高カロリー、高脂肪の食生活中心の人が大多数ですが、高カロリー、高脂肪の食生活を続けると中性脂肪が増え、頭皮の毛細血管を詰まらせることに繋がります。

頭皮の毛細血管が詰まれば、頭皮に栄養は運ばれなくなってしまいますから、髪の毛の成長が止まってしまうのです。

お肉も大事な栄養をたくさん含んでいるので、食べる事は必要です。

お肉だけではありませんが、どの栄養も取り過ぎはよくありません。

塩分

バランスを考えた身体に良い食生活が、頭皮の健康も保ち、薄毛を予防することに繋がります。

日本での古くからの食事でも、味噌や醤油と言った塩分を多く含む食材を多用している悪い点があります。

塩分の摂り過ぎは動脈硬化等を引き起こす可能性があり、動脈硬化によって頭皮を含む身体の老化が早まってしまい、これも薄毛の原因になりかねません。

バランスのとれた食事で薄毛予防

大豆中心のタンパク質と一緒に、ビタミンやミネラルを含む野菜や海藻をたっぷりと摂取する事で、育毛を促進する事が出来ます。

野菜や海藻は摂り過ぎ、ということがないので積極的に食事に取り入れていきましょう。

女性に限った話ではありませんが、身体全体への健康に気を使ったバランスの良い食生活が、結果的に頭皮への適度な栄養の供給にも繋がり、薄毛を防ぐ事が出来るのです。

健康の為にも、薄毛を防ぐ為にも、食事のバランスには気をつけた食生活を心がけるようにしましょう。

ダイエットが薄毛の原因の可能性

多くの女性が一度はダイエットに取り組んだ事があるのではないでしょうか。

特に若い女性はダイエットする人が多いと思います。

しかし、薄毛の原因の1つにダイエットがあり、最近では若い女性にも薄毛に悩む人が増えています。

極端なダイエットは薄毛に繋がってしまう可能性が高いです。

栄養不足

現在の日本の女性の間では痩せていたり、身体が細い事が綺麗とされる傾向があり、無理な食事制限によるダイエットをしてしまう女性も少なくありません。

無理なダイエットは、当然身体に害を及ぼしますし、栄養不足に陥ります。

髪の毛まで栄養が行き渡らなくなると、髪は細くなったり、艶がなくなったり、抜け毛が増えたりして結果的に薄毛になってしまいます。

極端な食事制限で栄養不足に陥ってる状態では、いくら他の育毛方法を試しても髪の毛が成長する為の栄養がないので効果がありません。

無計画なダイエットはやめよう

ダイエットが必ずしも悪いという訳ではありませんし、肥満体型等でダイエットしないままの方が身体に悪影響な場合もあります。

必要以上にダイエットをしたり、急激な食事制限等、無計画な無理のあるダイエットはお勧め出来ないばかりか薄毛を引き起こしてしまいます。

綺麗になる為のダイエットのはずが、薄毛で別の悩みが増えてしまってはただ痩せても意味がなくなってしまいます。

不必要なダイエットは避ける、無計画に急激なダイエットはしないことが必要です。

ダイエットによる薄毛は治りにくい

更に、ダイエットによる薄毛は一度なってしまうと、元に戻りにくくなる可能性が高いです。

不必要なダイエットで栄養が足りない状態になると、髪の毛に栄養を送っている毛乳頭という部位が破壊されてしまいます。

毛乳頭が破壊されると髪は生えなくなります。

むだ毛に行う永久脱毛は、むだ毛と言われてる部分の毛乳頭を破壊して毛を生えさせなくしています。

それと同じ事が髪の毛で起きてしまうという事は非常に深刻な問題ですよね。

また、現代の医学では毛乳頭を再生する方法はありません。

ですから、ダイエットの栄養不足による薄毛を元に戻す事は非常に困難と言えます。

髪の毛の為にも身体の為にもダイエットよりも健康な身体作りを重視しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる