ストレス・睡眠不足と女性の薄毛の関係

人間は精神と身体の健康がとても密接に結びついています。

特に現代では、ストレスが身体に与える影響は計りしれません。

女性の薄毛の原因にもストレスがあがることが少なくありません。

目次

30代の女性に多いストレス

特に、このストレスが原因の薄毛は30代の女性が多いと言われています。

ストレスにも色々なストレスや要因があります。

現代の日本では、男性と同様に30代になっても働き続けている人女性も、責任の大きな役職に就いている人もたくさんいます。

勿論個人差はあると思いますが、仕事での責任が増えれば大きなストレスになってしまう人も少なくないです。

また、ストレスと言えば、恋愛も大きい要因かもしれません。

30代にもなれば結婚が絡んだり、人生を左右するような出会いや別れが増え、精神に酷く負担がかかる様な悩みを抱えることもあると思います。

ストレスが薄毛につながる要因

他にも様々ありますが、そのどれにも、女性だからこそ感じてしまうストレスがあると思います。

ストレスが蓄積される事によって、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる事になります。

ホルモンバランスが崩れると血行が悪くなり、タンパク質等の栄養が身体中に行き渡らなくなり、髪の毛は栄養不足から細くなったり、抜けやすくなったりと薄毛を引き起こしてしまう事があります。

また、ストレスによって円形脱毛症になることもあります。

円形脱毛症の要因は現代の医学では解明されていませんが、ストレスが大きく関係している事は認められています。

脱毛症が発症している多くの場合、ストレスが異常に蓄積されています。

自分なりのストレス解消法を見つける

ストレスが身体に良くないとわかっていても、ストレスを感じない生活というのはとても難しいことです。

重要なのは、自分なりのストレスの発散方法を知っている事や、ストレスを出来るだけ避けるよう工夫をしていくことでしょう。

プロの手を借りる、という方法もありますから、どうしても精神的に辛い状況のときは心療内科等でカウンセリングを受けてみるのも1つの手段です。

睡眠不足と女性の薄毛

人間の身体にとって睡眠というのは摂取する栄養と同じ位大きな影響を与えるものです。

日々、人間は生活を送る中で疲労を精神的にも肉体的にも蓄積していきます。

もちろん髪の毛も肉体の一部ですから、疲労を蓄積します。

髪の毛や頭皮の疲労も睡眠で回復する

疲労は睡眠によって回復しますが、髪の毛や頭皮の疲労も睡眠で回復する事になります。

ですから、睡眠を十分にとらない事は、頭皮や髪の毛にまで疲労を蓄積させたままにしてしまうことになります。

疲労が蓄積されたままの頭皮は脱毛しやすくなりますし、薄毛が改善する事もありません。

そして、薄毛の大きな原因の1つになるストレスですが、これも睡眠によって回復する事ができることが多いです。

逆に睡眠不足が続くと、ストレスが溜まりやすい状況を作ってしまい、溜まったストレスによってまた薄毛が進行してしまうという悪循環になりかねません。

睡眠が髪の毛を成長させる

また、睡眠をとることで髪の毛の成長を大きく促進することができると言われています。

というのも、22時から2時の深夜の時間帯は、副交感神経が活発になる時間帯で、大量に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、髪に必要な栄養のタンパク質を作るホルモンです。

正常に、副交感神経を活発化させる為には、この時間帯リラックスした状態である事が必要になります。

リラックスした状態とは睡眠状態にある事、つまり、この時間寝ている事が重要です。

起きていると、副交感神経が活発になる事はなく、成長ホルモンはあまり分泌されません。

そして、横になって寝る事は、血行がよくなり、頭皮に栄養がたくさん運ばれるという効果もありますから、この時間は横になった方が良いということになります。

この時間帯起きている事で、髪の毛の成長を大きく妨げる事になり、抜けやすい毛しか生えてこなかったり、髪の毛の成長する速度がとても遅くなったりと薄毛を促進してしまう事になります。

髪のためにも規則正しい生活を

髪の毛や頭皮の健康は無視してしまいがちですが、髪の毛も頭皮も身体の一部ですから、疲労もたまれば睡眠不足は大きな影響をもたらします。

睡眠不足が薄毛の原因となってしまわないように、規則正しい生活をして夜更かしせずにしっかりと睡眠を取る事が重要です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる